お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-03 13:45
メモリアクセス高速化のための回路自動生成の一手法
岸田和也神戸尚志近畿大VLD2010-130
抄録 (和) システムLSIでは、大規模なデータをメモリからアクセスすることが多く、メモリアクセス回路のアーキテクチャ設計が重要となっている。本文では、ハードウエアにおける再利用性が少ないメモリアクセスについてパイプライン回路の自動生成方法を提案し、再利用性があるメモリアクセスに対する「レジスタ化」と統合したメモリアクセスアーキテクチャを提案し、実際の回路に適用し、その有効性を確認する。 
(英) In system LSI, large-scale data is accessed from off-chip memory in many cases, and the architecture design of the memory access circuit is important. In this paper, the automatic generation method of the pipeline circuit for data access with low reusability is proposed. Moreover, this method is integrated with "registerization" to reusable data access, it is applied to some circuits, and their performances are evaluated.
キーワード (和) メモリアクセス / パイプライン化 / レジスタ化 / Bach Cシステム / ビタビ探索 / / /  
(英) memory access / pipelining / registerization / Bach C system / Viterbi search / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 432, VLD2010-130, pp. 81-86, 2011年3月.
資料番号 VLD2010-130 
発行日 2011-02-23 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2010-130

研究会情報
研究会 VLD  
開催期間 2011-03-02 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄県男女共同参画センター 
開催地(英) Okinawaken-Danjo-Kyodo-Sankaku Center 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英) Design Technology for System-on-Silicon 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2011-03-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) メモリアクセス高速化のための回路自動生成の一手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Circuit Synthesis for High Speed Memory Access in System LSI 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メモリアクセス / memory access  
キーワード(2)(和/英) パイプライン化 / pipelining  
キーワード(3)(和/英) レジスタ化 / registerization  
キーワード(4)(和/英) Bach Cシステム / Bach C system  
キーワード(5)(和/英) ビタビ探索 / Viterbi search  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸田 和也 / Kazuya Kishida / キシダ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神戸 尚志 / Takashi Kambe / カンベ タカシ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-03 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2010-130 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.432 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2011-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会