お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-03 14:35
粒子追跡システムにおける相関値計算回路設計とその評価
森口翔太神戸尚志近畿大VLD2010-132
抄録 (和) 流れ場解析に用いる粒子追跡システムは高精度な解析が可能である反面、処理に多大な時間を要する。本文では、粒子追跡システムの一手法であるPMC-KC法において中心的な処理部である相関値計算部のハードウェア化を行い、回路規模の増加を最小限としつつ、15[fps](66[ms/回])以上のリアルタイム処理可能な回路を設計する。 
(英) Although particle-tracking method is useful for various kinds of flow analysis, its processing time is large. In this paper, the circuits for the correlation calculation which is critical portion in the particle tracking system are designed. These circuits achieve real time processing with slight increase in circuit size.
キーワード (和) 相関値計算 / 粒子追跡 / テンプレートマッチング / C言語設計 / BACHシステム / / /  
(英) correlation calculation / Particle tracking / Template Matching / C based design / BACH system / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 432, VLD2010-132, pp. 93-98, 2011年3月.
資料番号 VLD2010-132 
発行日 2011-02-23 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2010-132

研究会情報
研究会 VLD  
開催期間 2011-03-02 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄県男女共同参画センター 
開催地(英) Okinawaken-Danjo-Kyodo-Sankaku Center 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英) Design Technology for System-on-Silicon 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2011-03-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 粒子追跡システムにおける相関値計算回路設計とその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Circuit Design and Its Evaluation for Correlation Caluculation in Particle Tracking System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 相関値計算 / correlation calculation  
キーワード(2)(和/英) 粒子追跡 / Particle tracking  
キーワード(3)(和/英) テンプレートマッチング / Template Matching  
キーワード(4)(和/英) C言語設計 / C based design  
キーワード(5)(和/英) BACHシステム / BACH system  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森口 翔太 / Shouta Moriguchi / モリグチ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神戸 尚志 / Takashi Kambe / カンベ タカシ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-03 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2010-132 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.432 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2011-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会