お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-03 16:05
混合正規分布を用いた統計的静的遅延解析手法の性能評価
藤森智幸築山修治中大)・福井正博立命館大VLD2010-135
抄録 (和) 集積回路の微細化に伴うチップ内ばらつきの増大に対処するため,遅延ばらつきを統計量として扱う統計的静的遅延解析(S-STA)が注目されている.我々は,遅延ばらつきを混合正規分布で表現するS-STA手法を提案したが,この手法は,非正規分布,様々な相関,およびslewのばらつきを容易に扱うことができるという点で優れたものであった.しかし,この手法における統計的最大値演算(Max演算)手法は,正しい分布形状とは異なる形状の分布を生成してしまう可能性があったので,これを解決するため,累積分布関数の形状を考慮した新たなMax演算手法を提案した.本稿では,この新たなMax演算手法を用いたS-STA手法の性能評価結果を報告し,新Max演算手法の導入により,タイミング違反確率の計算精度が高まることを示す. 
(英) With the progress of micro-technology, the within die process variability is increasing, and the statistical static timing analysis (S-STA) has attracted designers’ attentions. We have proposed an S-STA algorithm representing any delay distribution by a Gaussian mixture model, which can handle any correlation, non-Gaussian distributions, and slew distributions easily. However, the previous method of computing the statistical maximum (Max operation) for Gaussian mixture models has a possibility that the shape of the generated distribution may be different from that of the real distribution. To overcome this problem, we devised a new Max operation method which takes the cumulative distribution function curve into consideration. In this paper, we report the performance evaluation of this new method, and show that the accuracy of probabilities of timing violation can be increased by the method.
キーワード (和) 混合正規分布 / 統計的静的遅延解析 / 性能評価 / 統計的最大値演算 / 累積分布関数 / / /  
(英) Gaussian mixture model / statistical static timing analysis / performance evaluation / statistical maximum operation / cumulative distribution function / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 432, VLD2010-135, pp. 111-116, 2011年3月.
資料番号 VLD2010-135 
発行日 2011-02-23 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2010-135

研究会情報
研究会 VLD  
開催期間 2011-03-02 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄県男女共同参画センター 
開催地(英) Okinawaken-Danjo-Kyodo-Sankaku Center 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英) Design Technology for System-on-Silicon 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2011-03-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 混合正規分布を用いた統計的静的遅延解析手法の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Statistical Static Timing Analysis Using Gaussian Mixture Models 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 混合正規分布 / Gaussian mixture model  
キーワード(2)(和/英) 統計的静的遅延解析 / statistical static timing analysis  
キーワード(3)(和/英) 性能評価 / performance evaluation  
キーワード(4)(和/英) 統計的最大値演算 / statistical maximum operation  
キーワード(5)(和/英) 累積分布関数 / cumulative distribution function  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤森 智幸 / Tomoyuki Fujimori / フジモリ トモユキ
第1著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 築山 修治 / Shuji Tsukiyama / ツキヤマ シュウジ
第2著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 正博 / Masahiro Fukui / フクイ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-03 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2010-135 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.432 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2011-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会