電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-03 10:05
放送と通信が連携した携帯端末向けコンテンツ流通のためのDRMに関する研究 ~ ワンセグ放送を利用したコンテンツサービスのための限定受信の一方式 ~
池山 翔堀 吉宏白石善明岩田 彰名工大LOIS2010-67
抄録 (和) 近年,携帯端末の発展は目覚ましく,GPS機能や電子マネー決済に加えワンセグ放送の受信も可能となった.放送と通信双方の長所を活用することで,放送コンテンツ,通信コンテンツ及び携帯端末機能を連動したサービスを受けることが可能である.しかし,現状の携帯端末上のブラウザ仕様の問題や,ワンセグ放送の保護形態の問題がこれらサービス展開の障害となっている.これに対し2008~2010年にかけて,名古屋ユビキタス特区では「放送と通信のシームレスな切替等を可能とする新ワンセグ端末の開発・実証」をテーマとした取り組みを行った.我々は,本取り組みにおけるコンテンツ保護分野としてワンセグを利用したコンテンツサービスのための限定受信の一方式を提案し,機能検証を行った. 
(英) Recently, portable devices can receive one-segment broadcasting in addition to use of GPS and digital cash. And you can use services which cooperate broadcasting, communication and portable device functions. However, current browser specification and contents management of one-segment broadcasting are obstacles to develop the services. To solve these problems, Nagoya Ubiquitous Project developed next generation one-seg device which supports cooperation broadcasting, communication and its functions seamlessly and demonstrated some services by using this device. We suggested a method of limited access for service using one-segment broadcasting and demonstrated it as a part of contents protection field in the project.
キーワード (和) DRM / ワンセグ / コンテンツサービス / 携帯端末 / / / /  
(英) DRM / One-seg / seg,Contents Service / Portable Device / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 450, LOIS2010-67, pp. 13-18, 2011年3月.
資料番号 LOIS2010-67 
発行日 2011-02-24 (LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード LOIS2010-67

研究会情報
研究会 LOIS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 石垣市IT事業支援センター(沖縄県) 
開催地(英) Ishigaki IT business support center 
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィスインフォメーションシステム、ライフインテリジェンス、一般 
テーマ(英) Practical Use of Lifelog, Office Information System, LifeInteligence, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2011-03-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 放送と通信が連携した携帯端末向けコンテンツ流通のためのDRMに関する研究 
サブタイトル(和) ワンセグ放送を利用したコンテンツサービスのための限定受信の一方式 
タイトル(英) DRM for contents circulation by cooperation of broadcasting and communication for portable device 
サブタイトル(英) A method of limited access for service using one-segment broadcasting 
キーワード(1)(和/英) DRM / DRM  
キーワード(2)(和/英) ワンセグ / One-seg  
キーワード(3)(和/英) コンテンツサービス / seg,Contents Service  
キーワード(4)(和/英) 携帯端末 / Portable Device  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池山 翔 / Sho Ikeyama / イケヤマ ショウ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 吉宏 / Yoshihiro Hori / ホリ ヨシヒロ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 白石 善明 / Yoshiaki Shiraishi / シライシ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 彰 / Akira Iwata / イワタ アキラ
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-03 10:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2010-67 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.450 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会