お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-03 10:00
ウェイクアップ受信機を用いたRadio-On-Demand NetworksのためのID設計に関する一検討
難波耕佑四方博之関西大)・近藤良久湯 素華ATRNS2010-187
抄録 (和) 現在急速に普及が進む無線LANのアクセスポイント (AP)は,未使用時にも無駄に電力を消費しており,無線LANによる電力浪費の大きな要因となっている.
我々は,この問題を解決するために,無線LANのAPにウェイクアップ受信機を適用し,必要な場所,時間にオンデマンドで無線アクセスを
提供するRadio-On-Demand Networks (ROD)を提案してきている.RODにおける無線LAN端末は,各APに割り当てられた
ID情報を含むウェイクアップ信号を,ウェイクアップ対象のAPに具備されたウェイクアップ受信機に対して送信し,当該APのウェイクアップを試みる.
本稿では,伝搬路上でビット誤りが発生する環境において,所望のAPのウェイクアップに失敗する (False Negative)確率及び
異なるIDを含むウェイクアップ信号により誤ってAPがウェイクアップする (False Positive)確率を低減するためのID付与規則及びIDマッチング方式を提案する.
提案方式では,APに割り当てられているESSIDを基に,ID間のハミング距離が大きくなるように各APのIDを生成する.
ウェイクアップ受信機では,受信したIDと自身に割り当てれたID間のハミング距離が一定値以内であればウェイクアップを実行する.
提案方式について,理論解析及び計算機シミュレーションによりその特性を評価し,提案方式がFalse Negative及びFalse Positiveの低減に
有効であることを示す. 
(英) The large number of access points (APs) currently deployed in wireless LAN wastefully consumes
non-negligible amount of energy even while there is no user to support. In order to solve this problem,
we have proposed Radio-On-Demand Networks (ROD) which offers wireless access only when and where
it is needed in an on-demand manner. Each AP in ROD is equipped with a wake-up receiver, and only
wake-up receiver is turned on when there is no associated user. A station, which attempts to wake up an AP,
transmits wake-up signal containing ID information of the corresponding AP. In this paper, we propose an ID
assignment and matching scheme which reduces false negative (a station fails to wake up a required AP)
and false positive (an AP falsely wakes up by an unintended wake-up signal) probabilities. The proposed scheme
generates ID of each AP based on ESSID in such a way that certain number of hamming distances is maintained among
different IDs. The AP wakes up when the hamming distance between the received ID and its assigned ID is less than a
predetermined value. We analyze false negative and false positive probabilities with theoretical analysis and computer
simulation. The numerical results show that the proposed scheme can effectively reduce these probabilities with short ID length.
キーワード (和) 省電力化 / ウェイクアップ受信機 / 無線LAN / ID設計 / / / /  
(英) Energy Saving / Wake-up Radio / Wireless LAN / ID Design / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-187, pp. 135-140, 2011年3月.
資料番号 NS2010-187 
発行日 2011-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2010-187

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ウェイクアップ受信機を用いたRadio-On-Demand NetworksのためのID設計に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) ID Design for Radio-On-Demand Networks with Wake-up Radio 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 省電力化 / Energy Saving  
キーワード(2)(和/英) ウェイクアップ受信機 / Wake-up Radio  
キーワード(3)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(4)(和/英) ID設計 / ID Design  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 難波 耕佑 / Kosuke Namba / ナンバ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 四方 博之 / Hiroyuki Yomo / ヨモ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 良久 / Yoshihisa Kondo / コンドウ ヨシヒサ
第3著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communication Research Laboratories (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯 素華 / Suhua Tang / タン スーファー
第4著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communication Research Laboratories (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-03 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-187 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.135-140 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会