電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-02 16:40
DSAシステムのセンシングストラテジの違いが無線LANとBluetoothに与える影響
中本成洋矢野一人鈴木康夫相河 聡宇野雅博上羽正純ATR
抄録 (和) 筆者らはISM帯における効率的な無線リソース利用に向けたダイナミックスペクトラムアクセス(DSA)システムの検討を行っている.
本稿では,DSAシステムのキャリアセンスとして,Welch法に基づくスペクトラムセンシングについて検討し,諸元設計を行った.次に,DSAシステムの性能評価系の構築として,ISM帯における主要無線システムである無線LAN及びBluetoothの物理層/MAC層処理を実装したクロスレイヤシミュレータへの実装を新たに行った.そして,DSAシステムが無線LAN及びBluetoothに与える影響を,上記構築したクロスレイヤシミュレータにより評価した結果について報告する. 
(英) The authors have researched on a wireless communication system based on Dynamic Spectrum Access (DSA) for the efficient use of radio resource in the ISM frequency band.
In this paper, the spectrum sensing based on the Welch method is adopted and designed for the carrier sense of DSA system, and then it is implemented in a PHY/MAC cross-layer multi-system simulator for the performance evaluation of DSA system. By using this simulator, the impacts of DSA system on the throughput of wireless LAN and Bluetooth in coexisting situation are evaluated.
キーワード (和) ダイナミックスペクトラムアクセス / 無線LAN / Bluetooth / PHY/MACクロスレイヤシミュレータ / スペクトラムセンシング / / /  
(英) Dynamic spectrum access / Wireless LAN / Bluetooth / PHY/MAC cross-layer simulator / Spectrum sensing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 435, SR2010-98, pp. 69-76, 2011年3月.
資料番号 SR2010-98 
発行日 2011-02-23 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS MoNA SR  
開催期間 2011-03-02 - 2011-03-04 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2011-03-RCS-MoMuC-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DSAシステムのセンシングストラテジの違いが無線LANとBluetoothに与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Impact of Spectrum Sensing Strategy for DSA System on WLAN and Bluetooth 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ダイナミックスペクトラムアクセス / Dynamic spectrum access  
キーワード(2)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(3)(和/英) Bluetooth / Bluetooth  
キーワード(4)(和/英) PHY/MACクロスレイヤシミュレータ / PHY/MAC cross-layer simulator  
キーワード(5)(和/英) スペクトラムセンシング / Spectrum sensing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中本 成洋 / Narihiro Nakamoto / ナカモト ナリヒロ
第1著者 所属(和/英) ATR波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 一人 / Kazuto Yano / ヤノ カズト
第2著者 所属(和/英) ATR波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 康夫 / Yasuo Suzuki / スズキ ヤスオ
第3著者 所属(和/英) ATR波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 相河 聡 / Satoru Aikawa / アイカワ サトル
第4著者 所属(和/英) ATR波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇野 雅博 / Masahiro Uno / ウノ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) ATR波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 上羽 正純 / Masazumi Ueba / ウエバ マサズミ
第6著者 所属(和/英) ATR波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-02 16:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2010-98 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.435 
ページ範囲 pp.69-76 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2011-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会