お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-01 09:25
アドホックネットワークにおける周辺ノードの振る舞いを考慮した送信優先度制御方式の検討
野林大起池永全志福田 豊九工大SITE2010-58 IA2010-94
抄録 (和) 柔軟な無線 LAN 通信エリアを提供するためにモバイルアドホックネットワーク (Mobile Ad-hoc Network, MANET) が注目されている.
モバイルノードが単一のチャネルを共有する MANET では,各ノードが通信を中継する際にチャネルの干渉が頻発するためネットワーク全体の通信性能が低下する.
そこで,ノードが近隣ノードの挙動を監視し,その結果に基づき送信優先度を決定する送信優先度制御方式を提案する.
提案方式では,ノードがフレームを送信した場合に自らの優先度を低下させ,近隣ノードのフレーム送信を検出した場合に優先度を上昇させる.
本稿では,本提案手法をシミュレーションによって検証し,従来の IEEE 802.11a を用いた MANET と比較して良好なスループット特性を得られることを示す. 
(英) Mobile Ad-hoc Network, where mobile nodes connect to each other using wireless communication, can provide a wide area of wireless LAN (Local Area Network) flexibly.
A communication performance of MANETs using a single channel decreases due to occur often channel interference when the nodes relay frames.
In this paper, we propose a priority control scheme based on neighbor node behavior for MANETs.
A node is always monitoring neighbor nodes, and determines a transmission priority itself using monitoring results; the priority decreases when the node transmits a frame successfully, and increases when the node can detect a frame transmission of other nodes.
We evaluate the effectiveness of our proposed scheme by simulations.
The result of simulation shows that a throughput of our proposed scheme is at least approximately 700 kb/s higher than a MANET with IEEE 802.11a.
キーワード (和) モバイルアドホックネットワーク / 優先制御 / ノード監視 / / / / /  
(英) Mobile Ad-hoc Network / Priority Control / Node Monitoring / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 430, IA2010-94, pp. 129-134, 2011年2月.
資料番号 IA2010-94 
発行日 2011-02-21 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2010-58 IA2010-94

研究会情報
研究会 IA SITE IPSJ-IOT  
開催期間 2011-02-28 - 2011-03-01 
開催地(和) 高知市文化プラザ かるぽーと (高知県) 
開催地(英) Kochi City Culture-Plaza CUL-PORT (Kochi prefecture) 
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2011-02-IA-SITE-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アドホックネットワークにおける周辺ノードの振る舞いを考慮した送信優先度制御方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Priority Control Scheme Based on Neighbor Node Behavior for Mobile Ad-hoc Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルアドホックネットワーク / Mobile Ad-hoc Network  
キーワード(2)(和/英) 優先制御 / Priority Control  
キーワード(3)(和/英) ノード監視 / Node Monitoring  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野林 大起 / Daiki Nobayashi / ノバヤシ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池永 全志 / Takeshi Ikenaga / イケナガ タケシ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 豊 / Yutaka Fukuda / フクダ ユタカ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-01 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-SITE2010-58,IEICE-IA2010-94 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.429(SITE), no.430(IA) 
ページ範囲 pp.129-134 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2011-02-21,IEICE-IA-2011-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会