お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-01 13:00
視覚障害者の情報アクセスとテキスト・音声メディア変換技術
鎌田一雄宇都宮大)・米村俊一NTTSITE2010-62 IA2010-98
抄録 (和) 視覚に障害がある人たちは、文書などの視覚的受容が難しい.このため、代替的な音声メディアを利用した音声通報提示が広く行われている.本稿では、音声コードと活字文書読み上げ装置とを用いた音声代替通報サービスの構成について、このようなサービスが実効性のあるものとなるように使用の環境を整えるという視点から、技術的、社会的な要因について検討する.サービスで最も重要な役割を果たすのは、使用者側の状況を考慮した音声代替通報を作成し、流通させる通報作成側にあることを述べる. 
(英) Since visual perception of ordinary documents is difficult or impossible for visually impaired and blind people, aural messages are generated and provided. In this report, we discuss certain aural messaging service that uses auditory code and reading (decoding) device from the viewpoint of milieu of service. We point out certain technical, and social issues for building preferable milieu for service use.
キーワード (和) 視覚障害者 / 音声通報 / 音声コード / 使用の状況 / / / /  
(英) Visually impaired and blind people / Aural messages / Auditory code / Milieu of use / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 429, SITE2010-62, pp. 169-174, 2011年2月.
資料番号 SITE2010-62 
発行日 2011-02-21 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2010-62 IA2010-98

研究会情報
研究会 IA SITE IPSJ-IOT  
開催期間 2011-02-28 - 2011-03-01 
開催地(和) 高知市文化プラザ かるぽーと (高知県) 
開催地(英) Kochi City Culture-Plaza CUL-PORT (Kochi prefecture) 
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2011-02-IA-SITE-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚障害者の情報アクセスとテキスト・音声メディア変換技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Text-to-Voice Conversion and Information Access for Visually Impaired and Blind People 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障害者 / Visually impaired and blind people  
キーワード(2)(和/英) 音声通報 / Aural messages  
キーワード(3)(和/英) 音声コード / Auditory code  
キーワード(4)(和/英) 使用の状況 / Milieu of use  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌田 一雄 / Kazuo Kamata / カマタ カズオ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 米村 俊一 / Shunichi Yonemura / ヨネムラ シュンイチ
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-01 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-SITE2010-62,IEICE-IA2010-98 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.429(SITE), no.430(IA) 
ページ範囲 pp.169-174 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2011-02-21,IEICE-IA-2011-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会