電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-01 14:00
テラビットLANに向けたスケーラブルネットワークインタフェース技術の検討
久留賢治手島光啓山田義朗石田 修NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 将来のテラビットLANに向けて,インバースマックス技術をベースに,ユーザオンデマンドで波長パス数の動的設定を可能とするスケーラブルなネットワークインタフェース要件について検討した.インタフェース要件として,100 Gbps級フロー処理・遅延補償・波長パス数自動設定・優先制御の4機能に着目し,開発した40/100 Gbps級評価ボードに各機能を実装してシステム検証実験を行うことで,ユーザがオンデマンドに波長パス数を設定して100Gbps Ethernetを効率的に運べるテラビットLANネットワークインタフェースが実現できることを実証した. 
(英) We discuss the requirements for Terabit LAN network interface employing the inverse-multiplexing onto the multiple wavelength paths that are assigned on-demand by a user’s request. Those requirements to be focused are the four functions; 100-Gbps-class flow processing, delay compensation under the distributed multi-routes in the wavelength network, the automatic setting of number of wavelength paths corresponding to on-demand bandwidth, and the quality-based bandwidth and flow controls. We have experimentally confirmed the technical feasibility of those functions for Terabit LAN network interface by using the newly-developed 40/100-Gbps-class evaluation broads, and successfully demonstrated .an efficient 100 Gbps Ethernet transport.
キーワード (和) λアクセス / テラビットLAN / 100 Gbpsイーサネット / / / / /  
(英) Lambda Access / Terabit LAN / 100 Gbps Ethernet / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 431, PN2010-74, pp. 89-94, 2011年2月.
資料番号 PN2010-74 
発行日 2011-02-21 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2011-02-28 - 2011-03-01 
開催地(和) KKR鹿児島敬天閣 
開催地(英) KKR Kagoshima Keitenkaku 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2011-02-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テラビットLANに向けたスケーラブルネットワークインタフェース技術の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Scalable Network Interface Technology for Terabit LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) λアクセス / Lambda Access  
キーワード(2)(和/英) テラビットLAN / Terabit LAN  
キーワード(3)(和/英) 100 Gbpsイーサネット / 100 Gbps Ethernet  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久留 賢治 / Kenji Hisadome / ヒサドメ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 手島 光啓 / Mitsuhiro Teshima / テシマ ミツヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 義朗 / Yoshiaki Yamada / ヤマダ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 修 / Osamu Ishida / イシダ オサム
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-01 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2010-74 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.431 
ページ範囲 pp.89-94 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2011-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会