お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-01 16:20
光ファイバ中での相互位相変調を用いた全光NRZ-OOK/RZ-BPSK変調フォーマット変換におけるNRZ-OOK入力信号の分散耐性
橋本 望丸田章博阪大PN2010-80
抄録 (和) 将来のフォトニックネットワークにおいては,異なる変調フォーマットの光信号をトランスペアレントに接続するためにゲートウェイノードにおける変調フォーマット変換技術が必要となる.本稿では,光ファイバ中での相互位相変調を用いたNRZ-OOK/RZ-BPSK 変調フォーマット変換器のNRZ-OOK入力信号の分散耐性についての実験結果を報告する. 
(英) In future photonic networks, different modulation formats may be selectively used depending on the network size and the bit rate. In such network, modulation format conversion between different kinds of modulation formats in gateway nodes will be required. In this report, we experimentally investigate a dispersion tolerance of transmitted OOK signal for all-optical NRZ-OOK to RZ-BPSK modulation format conversion using cross-phase modulation in optical fiber.
キーワード (和) 光ファイバ / 相互位相変調 / 変調フォーマット変換 / BPSK / OOK / / /  
(英) Optical fiber / Cross phase modulation / Modulation format conversion / Binary phase-shift-keying(BPSK) / On-off-keying(OOK) / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 431, PN2010-80, pp. 117-120, 2011年2月.
資料番号 PN2010-80 
発行日 2011-02-21 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2010-80

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2011-02-28 - 2011-03-01 
開催地(和) KKR鹿児島敬天閣 
開催地(英) KKR Kagoshima Keitenkaku 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2011-02-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光ファイバ中での相互位相変調を用いた全光NRZ-OOK/RZ-BPSK変調フォーマット変換におけるNRZ-OOK入力信号の分散耐性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dispersion tolerance of input NRZ-OOK signal for All-Optical NRZ-OOK/RZ-BPSK modulation format conversion using cross phase modulation in optical fiber 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ / Optical fiber  
キーワード(2)(和/英) 相互位相変調 / Cross phase modulation  
キーワード(3)(和/英) 変調フォーマット変換 / Modulation format conversion  
キーワード(4)(和/英) BPSK / Binary phase-shift-keying(BPSK)  
キーワード(5)(和/英) OOK / On-off-keying(OOK)  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 望 / Nozomi Hashimoto / ハシモト ノゾミ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 章博 / Akihiro Maruta / マルタ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-01 16:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2010-80 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.431 
ページ範囲 pp.117-120 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PN-2011-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会