電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-01 12:00
[奨励講演]IP ルーチング簡素化のための光クロスコネクトを用いた連携ノードの構成法 ~ 複数配置アルゴリズムとその特性 ~
多田憲司戸出英樹阪府大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らは,IPレベルでのルーチング処理の低減を図るために連携ノードを効果的に導入したネットワークアーキテクチャを提案している.連携ノードとは,光クロスコネクトルータを適応的にグループ化して相互結合し,地理的に広範囲に位置するIPレベルのノード機能を仮想的に実現するものである.本アーキテクチャによりネットワークトポロジが縮小され,その結果IPレベルルーチングの簡素化やIPルーチングテーブルの削減効果が期待される.
本論文では,連携ノードを複数配置する場合のアルゴリズムを拡張提案し、有効性の評価を行う. 
(英) We suggest a new network architecture introducing Cooperative Node Set efficiently that reduces routing processes on IP level. Cooperative Node set plays a role as virtual node function on IP level by adaptively leveraging the geographically distributed OXCs(Optical Cross-Connects) that are mutually connected and grouped together. Network topology is reduced in scale by this architecture, which is expected to be simple IP routing and reduce routing table size. In this paper, we also suggest extended algorithm to create multiple Cooperative Node Set and evaluate its effectiveness.
キーワード (和) 新世代ネットワーク / 連携ノード / 光クロスコネクト / WDM / 光スイッチング / / /  
(英) new generation network / cooperative node set / OXC / WDM / optical switching / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 431, PN2010-69, pp. 69-72, 2011年2月.
資料番号 PN2010-69 
発行日 2011-02-21 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2011-02-28 - 2011-03-01 
開催地(和) KKR鹿児島敬天閣 
開催地(英) KKR Kagoshima Keitenkaku 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2011-02-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IP ルーチング簡素化のための光クロスコネクトを用いた連携ノードの構成法 
サブタイトル(和) 複数配置アルゴリズムとその特性 
タイトル(英) Configuration Method of Cooperative Node Sets using Optical Cross-Connects for Simple IP Routing 
サブタイトル(英) Multiple Location Algorithm and Its Performance 
キーワード(1)(和/英) 新世代ネットワーク / new generation network  
キーワード(2)(和/英) 連携ノード / cooperative node set  
キーワード(3)(和/英) 光クロスコネクト / OXC  
キーワード(4)(和/英) WDM / WDM  
キーワード(5)(和/英) 光スイッチング / optical switching  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 多田 憲司 / Kenji Tada / タダ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: OPU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸出 英樹 / Hideki Tode / トデ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: OPU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-01 12:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2010-69 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.431 
ページ範囲 pp.69-72 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PN-2011-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会