お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-02-24 14:40
都市部における高精度車車間相対測位手法
湯 素華筒井英夫大山 卓三浦 龍小花貞夫ATRSANE2010-159
抄録 (和) 車車間通信ネットワークにおいて,車両間の高精度相対位置情報は交通事故の回避に非常に重要である.この相対位置は,各車両でGPS受信機を用いて単独で算出した絶対位置情報を,車車間無線通信を介して交換し,それらの差から算出する.しかし,都市部では,建物の遮蔽・反射の影響を受けやすく,絶対位置に大きい誤差が発生し,絶対位置に含まれた相関性の低い誤差によって相対位置の精度も劣化しうる.また,単純に反射波を除去して演算した場合,使用衛星数が減少し,位置情報を算出できない可能性もある.本稿では,車両間で共通に受信できる衛星からの受信波のうち,直接波だけでなく,2台の車両間で相関性の高い反射波も積極的に利用し,測位中使用できる衛星の数を増やして相対位置精度を向上させる測位手法を提案する.シミュレーション評価と実験結果によって提案手法の近距離の場合の有効性を確認した. 
(英) Maintaining a safe following distance is very important for preventing collision accidents from happening. Usually relative position can be calculated from the absolute position exchanged via the inter-vehicle communications. In the urban area, however, due to multipath propagation, the non-correlated errors in the absolute position degrade the accuracy of relative position. Simply removing the reflected signals, the number of remaining signals may be insufficient for calculating positions. In this paper, we study the accuracy of relative position in the urban vehicular networks. The information of visible satellites and pseudo-ranges is exchanged among adjacent vehicles. The highly correlated signals received from the common satellites, including the reflected signals, are used to calculate the relative position. The simulation and experiment results confirm that the accuracy of relative positions among nearby vehicles can be effectively improved via the proposed scheme.
キーワード (和) 安全運転支援 / 車車間通信 / 相対測位 / 反射波 / 空間相関性 / / /  
(英) Safe driving support / inter-vehicle communications / relative position / multi-path / spatial correlation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 425, SANE2010-159, pp. 1-6, 2011年2月.
資料番号 SANE2010-159 
発行日 2011-02-17 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2010-159

研究会情報
研究会 SANE SAT  
開催期間 2011-02-24 - 2011-02-25 
開催地(和) NICT(神戸研究所) 
開催地(英) NICT Kobe Research Laboratories 
テーマ(和) 衛星応用技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Application Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2011-02-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 都市部における高精度車車間相対測位手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Accurate Relative Positioning Method for Urban Vehicular Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 安全運転支援 / Safe driving support  
キーワード(2)(和/英) 車車間通信 / inter-vehicle communications  
キーワード(3)(和/英) 相対測位 / relative position  
キーワード(4)(和/英) 反射波 / multi-path  
キーワード(5)(和/英) 空間相関性 / spatial correlation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯 素華 / Suhua Tang / タン スウファー
第1著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 筒井 英夫 / Hideo Tsutsui / ツツイ ヒデオ
第2著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大山 卓 / Takashi Ohyama / オオヤマ タカシ
第3著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 龍 / Ryu Miura / ミウラ リュウ
第4著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小花 貞夫 / Sadao Obana / オバナ サダオ
第5著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-02-24 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2010-159 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.425 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2011-02-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会