電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-02-22 11:25
突起形状に着目した3次元モデルのセグメンテーション
脇田志郎青野雅樹豊橋技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,3次元モデルに関する技術が広く研究されている.その技術の中でも,既存の3次元モデルから意味のある部分形状を自動的に取り出すセグメンテーションは重要な技術である.本手法は,3次元モデルは突起形状と中心形状から構成されるという仮説を基とする.流れは,初めにモデルが持つ突起形状それぞれの先端を検出,次にそれら先端からモデル中心へ向かって境界部分を算出する.最後に境界で突起形状を切り取りそれぞれの突起形状をセグメント化し,また,残った形状を中心形状としてセグメント化する.この操作を得たいセグメント数になるまで繰り返す.本手法の有効性について実験を行い,突起を持つ数種類のモデルにおいて過去の手法と同等か優位な性能を得た. 
(英) 3D shape models have been used in many fields. Segmentation of 3D model is a technology that allows us to split the model into multiple semantically meaningful parts, for reuse and partial retrieval. Our proposed method hypothesizes that 3D shape models consist of a collection of “protuded” parts and remaining body. In this paper, we propose a new segmentation
method based on a new approximation algorithm to computing geodesic distance, as well as a new method for computing boundaries between segments. We have used a segmentation benchmark data to evaluate the validity of our methods. The results we have obtained so far are very encouraging.
キーワード (和) 3次元モデル / セグメンテーション / 部品化 / 再利用 / / / /  
(英) 3D-model / Segmentation / Decomposition / Reuse / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-AIT ITE-HI ITE-ME  
開催期間 2011-02-21 - 2011-02-22 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) ITS画像処理、映像メディア、視覚および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-ME 
会議コード 2011-02-ITS-IE-AIT-HI-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 突起形状に着目した3次元モデルのセグメンテーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Segmentation of 3D-model focused on a protruded shape 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3次元モデル / 3D-model  
キーワード(2)(和/英) セグメンテーション / Segmentation  
キーワード(3)(和/英) 部品化 / Decomposition  
キーワード(4)(和/英) 再利用 / Reuse  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 脇田 志郎 / Shiro Wakida / ワキダ シロウ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青野 雅樹 / Masaki Aono /
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-02-22 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITE-ME 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会