お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-02-22 14:30
海馬の神経活動にヒントを得た単眼カメラ映像での動き検出モデルおよびその障害物検知への応用
梁 海超森江 隆九工大ITS2010-64 IE2010-139
抄録 (和) 障害物検知や衝突警告は運転支援システムにおいて重要な課題である.我々はすでに単眼カメラのエッジ画像を用いた動き検出モデルを提案している.このモデルは海馬の神経活動にヒントを得て,動き検出処理を画像マッチングなしで低コストかつ高速的に実現できる.すなわち,提案したモデルでは,格子状に区切った画像中で,エッジがある格子から隣の格子まで移動する時間を計ることで,そのエッジの動きおよび速度を検出する.しかし,初期モデルにおいては動き検出の精度が十分でなかったため,複雑な環境における障害物検知や衝突警告への応用が難しかった.本研究ではゲーティング機能を有する処理ユニットを導入することでこのモデルを改良し,動き検出の精度を上げるとともに障害物検知への応用を示す. 
(英) Motion detection and collision warning are essential issues in advanced driver assistance systems. We have already proposed a motion detection model using edge images extracted from monocular camera sequences. This model is inspired by the neuronal propagation in the hippocampus in the brain, and can detect motion of edges in high speed and low cost without image matching. The proposed model divides the edge image into lattice-shaped 2D maps, and detects motion of edges on these maps by measuring the time that an edge takes to travel from a lattice to a neighboring one. However, this previously proposed model is difficult to apply in complicated traffic scenes because the detection accuracy is insufficient. In this paper, we propose an improved model by introducing elements with gating function, and demonstrate its application to obstacle detection.
キーワード (和) 動き検出 / 障害物検知 / 単眼カメラ / 生体模倣システム / / / /  
(英) motion detection / obstacle detection / monocular camera / bio-inspired system / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 420, ITS2010-64, pp. 269-274, 2011年2月.
資料番号 ITS2010-64 
発行日 2011-02-14 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2010-64 IE2010-139

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-AIT ITE-HI ITE-ME  
開催期間 2011-02-21 - 2011-02-22 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) ITS画像処理、映像メディア、視覚および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2011-02-ITS-IE-AIT-HI-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 海馬の神経活動にヒントを得た単眼カメラ映像での動き検出モデルおよびその障害物検知への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A motion detection model using monocular camera images inspired by the neuronal propagation in the hippocampus and its application to obstacle detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動き検出 / motion detection  
キーワード(2)(和/英) 障害物検知 / obstacle detection  
キーワード(3)(和/英) 単眼カメラ / monocular camera  
キーワード(4)(和/英) 生体模倣システム / bio-inspired system  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梁 海超 / Haichao Liang / リョウ カイチョウ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森江 隆 / Takashi Morie / モリエ タカシ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-02-22 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2010-64,IEICE-IE2010-139 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.420(ITS), no.421(IE) 
ページ範囲 pp.269-274 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2011-02-14,IEICE-IE-2011-02-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会