お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-02-22 10:30
手の生体力学的拘束に依存した物体の景観比較照合過程への促進効果
笹岡貴史朝倉暢彦乾 敏郎京大HIP2010-87
抄録 (和) 近年,物体を手で操作して能動的に物体の景観の変化を観察することで後の認識が促進することが報告されている.本研究では,能動的観察時に実物体を回転させるときに近い感覚を被験者に与えるため,物体をディスプレイ側面に取り付けたハンドルによって回転させ,能動的に景観の変化を観察する条件で実験を行った.その結果,従来の研究と同様に後の景観の比較照合過程の促進が起こり,さらにこの促進が起こる回転方向は,ほとんどの被験者が手を回しやすいと回答した回転方向と一致していた.このことは,物体認知という従来視覚情報に基づいて行われていると考えられてきた認知過程に手の生体力学的拘束が影響を及ぼすことを示している. 
(英) Recent studies have demonstrated that active exploration of 3-D object views facilitates subsequent object recognition. In the present study, we conducted an experiment in which participants explored 3-D object views by using on of their hands to rotate a handle attached to the side of a display. This allowed a more realistic rotation of objects. We confirmed a facilitative effect of active exploration on the view matching process reported in previous studies. For most participants, this facilitation was observed in the direction that was easiest for rotation of the hand. Our findings suggest that the object recognition process, which is thought to be based on visual information, can also be affected by the biomechanical constraint of hand rotation.
キーワード (和) 三次元物体認知 / 身体化による認知 / 心的回転 / / / / /  
(英) 3-D object recognition / embodied cognition / mental rotation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 422, HIP2010-87, pp. 45-50, 2011年2月.
資料番号 HIP2010-87 
発行日 2011-02-14 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2010-87

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2011-02-21 - 2011-02-22 
開催地(和) 沖縄国際大学 
開催地(英) Okinawa International Univ. 
テーマ(和) 手,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2011-02-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 手の生体力学的拘束に依存した物体の景観比較照合過程への促進効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Facilitative effect on the view matching process dependent on the biomechanical constraint of hand rotation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 三次元物体認知 / 3-D object recognition  
キーワード(2)(和/英) 身体化による認知 / embodied cognition  
キーワード(3)(和/英) 心的回転 / mental rotation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹岡 貴史 / Takafumi Sasaoka / ササオカ タカフミ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝倉 暢彦 / Nobuhiko Asakura / アサクラ ノブヒコ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 乾 敏郎 / Toshio Inui / イヌイ トシオ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-02-22 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2010-87 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.422 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HIP-2011-02-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会