お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-28 12:45
遠端クロストーク低減に向けたコンデンサ付加システム
寺島一彰佐々木伸一佐賀大EMCJ2010-108
抄録 (和) 情報機器の高速化・高機能化に伴い,高密度配線板さらにはLSIの内部配線におけるクロストーク低減は重要な課題の1つである.本研究室では,マイクロストリップラインにおける遠端クロストークは,送出するパルスの立上り・立下り幅を緩やかにする方法,2種の伝搬モードの速度差を小さくする方法により低減可能であることを確認している.現在,線路間にコンデンサを付加することで,伝搬速度差を小さくする手法について,検討を進めている.今回,コンデンサ付加線路を決定するために,構造解析結果から得られる線路定数から導出可能なアルゴリズムを提案し,位置の決定および付加線路の決定までのアルゴリズムを示した.さらに,複数のモデルに適用することで,本アルゴリズムの適用範囲についても評価を行った.その結果,提案したアルゴリズムは遠端クロストーク低減に有効であることを確認した. 
(英) Crosstalk reduction in wiring of a high-density wiring board and also LSI was one of the important problem.In this laboratory,Far-end crosstalk(FEXT) in a microstripline can be reduced changing the slew-rate of the pulse to send out and making small a difference for the speed of each propagation mode.In this paper proposes the algorithm in order to determine the line which adds capacitor from RLGC-parameter.Furthermore, the flow to capacitor addition was shown. To prove the effect, the algorithm was verified for the reduction of FEXT in some models.
キーワード (和) プリント配線板 / マイクロストリップライン / 並行伝送路 / クロストーク / コンデンサ付加 / / /  
(英) Printed Circuit borad / Micro-strip Line / Parallel transmission lines / Cross-talk / Capacitor Addition / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 402, EMCJ2010-108, pp. 49-53, 2011年1月.
資料番号 EMCJ2010-108 
発行日 2011-01-21 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2010-108

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2011-01-28 - 2011-01-28 
開催地(和) 熊本高等専門学校 熊本キャンパス 
開催地(英) Kumamoto National College of Technology 
テーマ(和) EMC,一般 
テーマ(英) EMC, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2011-01-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遠端クロストーク低減に向けたコンデンサ付加システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Capacitor addition system for the reduction of far-end crosstalk 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プリント配線板 / Printed Circuit borad  
キーワード(2)(和/英) マイクロストリップライン / Micro-strip Line  
キーワード(3)(和/英) 並行伝送路 / Parallel transmission lines  
キーワード(4)(和/英) クロストーク / Cross-talk  
キーワード(5)(和/英) コンデンサ付加 / Capacitor Addition  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺島 一彰 / Kazuaki Terashima / テラシマ カズアキ
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 伸一 / Shinichi Sasaki /
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-28 12:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2010-108 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.402 
ページ範囲 pp.49-53 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMCJ-2011-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会