電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-28 10:15
非線形シュレディンガー方程式の逆伝搬法を用いた10 Gsymbol/s, 64 QAMコヒーレント光伝送の特性改善
豊田和志岡本聖司大宮達則吉田真人廣岡俊彦中沢正隆東北大
抄録 (和) 我々はこれまで周波数安定化ファイバレーザと光位相同期(OPLL)回路を用い、64~512値のQAMコヒーレント光伝送の研究に取り組んできている。このような超多値コヒーレント光伝送においては、光ファイバ伝送路中の分散と非線形光学効果によって生じる非線形な波形歪みの補償技術が重要である。これらの波形歪みを高精度に補償できる技術として、非線形シュレディンガー方程式の逆伝搬法が提案されている。この逆伝搬法を単一偏波10 Gsymbol/s, 64 QAM伝送に適用し、伝送後の波形歪みに対するその補償の有効性について、計算機解析および実験による検証を行い良好な結果を得たので報告する。 
(英) We have demonstrated 64 ~ 512 QAM coherent optical transmission using a C2H2 frequency-stabilized fiber laser and an OPLL circuit. In such a ultra multi-level transmission, compensation for impairments due to fiber dispersion and nonlinearity plays a very important role. As a highly precise compensation scheme, a back propagation method of the nonlinear Schrödinger equation has been proposed. We applied this scheme to a single-polarization, 10 Gsymbol/s, 64 QAM transmission and demonstrated the impairment compensation both numerically and experimentally.
キーワード (和) コヒーレント光伝送 / QAM / デジタル信号処理 / 逆伝搬法 / / / /  
(英) Coherent optical transmission / QAM / digital signal processing / back propagation method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 392, OCS2010-110, pp. 67-72, 2011年1月.
資料番号 OCS2010-110 
発行日 2011-01-20 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS CS  
開催期間 2011-01-27 - 2011-01-28 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英) The University of Tokushima 
テーマ(和) コア・メトロシステム、光アクセスシステム・次世代PON、ブロードバンドアクセス方式、(広域)イーサネット、光伝達網 (OTN)、高速インタフェース、アナログ光伝送、量子通信、一般,CS研50周年記念行事  
テーマ(英) Core/metro system, Optical access system/next generation PON, Broadband access system, (Wide area)Ethernet, Optical transport network(OTN), High-speed interface, Analog optaical transmission, Quantum communication etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2011-01-OCS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非線形シュレディンガー方程式の逆伝搬法を用いた10 Gsymbol/s, 64 QAMコヒーレント光伝送の特性改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance improvement of 10 Gsymbol/s, 64 QAM coherent optical transmission by using back propagation method of nonlinear Schrödinger equation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コヒーレント光伝送 / Coherent optical transmission  
キーワード(2)(和/英) QAM / QAM  
キーワード(3)(和/英) デジタル信号処理 / digital signal processing  
キーワード(4)(和/英) 逆伝搬法 / back propagation method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 和志 / Kazushi Toyoda / トヨダ カズシ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 電気通信研究所 (略称: 東北大)
Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 聖司 / Seiji Okamoto / オカモト セイジ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 電気通信研究所 (略称: 東北大)
Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大宮 達則 / Tatsunori Omiya / オオミヤ タツノリ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 電気通信研究所 (略称: 東北大)
Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 真人 / Masato Yoshida / ヨシダ マサト
第4著者 所属(和/英) 東北大学 電気通信研究所 (略称: 東北大)
Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣岡 俊彦 / Toshihiko Hirooka / ヒロオカ トシヒコ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 電気通信研究所 (略称: 東北大)
Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中沢 正隆 / Masataka Nakazawa / ナカザワ マサタカ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 電気通信研究所 (略称: 東北大)
Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-28 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2010-110 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.392 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2011-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会