電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-28 13:30
Towards regeneration of BPSK signals in periodically-poled lithium-niobate waveguides
Ben PuttnamNICT)・Daniel MazroaBudapest Univ.)・Satoshi ShinadaNaoya WadaNICTPN2010-48 OPE2010-161 LQE2010-146 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2010-161 LQE2010-146
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) We use high pump power to demonstrate high C-band, phase-sensitive gain in a periodically-poled lithium-niobate waveguide. We measure a maximum phase dependent dynamic range of 16.5dB with 5dB phase-sensitive gain compared to phase insensitive operation over a bandwidth of up to 32nm and we highlight limitations arising at high pump powers from green light emission and thermal instability. Finally, we describe a set-up that could be used to investigate phase squeezing properties of PPLN based phase sensitive amplifier.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Lithium Niobate / Phase sensitive amplifier / phase regeneratin / PPLN / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 394, PN2010-48, pp. 123-127, 2011年1月.
資料番号 PN2010-48 
発行日 2011-01-20 (PN, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2010-48 OPE2010-161 LQE2010-146 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2010-161 LQE2010-146

研究会情報
研究会 OPE EMT LQE PN IEE-EMT  
開催期間 2011-01-27 - 2011-01-28 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka Univ. 
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶・ファイバとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2011-01-OPE-EMT-LQE-PN-EMT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Towards regeneration of BPSK signals in periodically-poled lithium-niobate waveguides 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Lithium Niobate  
キーワード(2)(和/英) / Phase sensitive amplifier  
キーワード(3)(和/英) / phase regeneratin  
キーワード(4)(和/英) / PPLN  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ベン パットナム / Ben Puttnam / ベン パットナム
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ダニエル マゾロア / Daniel Mazroa / ダニエル マザロア
第2著者 所属(和/英) ブダペスト大学 (略称: ブダペスト大)
Budapest University of Technology and Economics (略称: Budapest Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 品田 聡 / Satoshi Shinada / シナダ サトシ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 尚也 / Naoya Wada / ワダ ナオヤ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-28 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2010-48,IEICE-OPE2010-161,IEICE-LQE2010-146 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.394(PN), no.395(OPE), no.396(LQE) 
ページ範囲 pp.123-127 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-PN-2011-01-20,IEICE-OPE-2011-01-20,IEICE-LQE-2011-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会