電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-28 15:55
キャリアセンス無線アクセスと送信電力制御を併用するコグニティブ無線機のMAC層チャネル容量の理論検討
栄祝剛洋堀江駿太田久 修東京理科大)・藤井威生電通大)・楳田洋太郎東京理科大SR2010-87
抄録 (和) コグニティブ無線では検出不全の既存システムが存在する可能性を考慮し,与干渉保護を行う.筆者らは,与干渉保護を実現するため,キャリアセンスと送信電力制御を併用するコグニティブ無線の検討を進めている.これまでに,アクセス機会等を考慮したMAC層チャネル容量が最大となるセンシング時間,を計算機シミュレーションにより導出している.しかし,無線通信環境のそれぞれに対して最適なセンシング時間を,計算機シミュレーションにより算出することは,計算量が大きいなどの問題がある.本研究では,キャリアセンスと送信電力制御を併用するコグニティブ無線機における,MAC層チャネル容量が最大となるセンシング時間を理論解析により導出し,最大MACチャンネル容量を与えるセンシング時間を理論的に導出した. 
(英) Cognitive radio is attracting much attention for achieving high frequency spectrum usage. In cognitive radio, it is necessary to suppress co-channel interference for protecting the undetectable wireless access. To solve this problem, authors proposed the cognitive radio system with corroborated technique between carrier sensing and transmission power control. An optimal sensing time for maximum MAC level throughput has been derived by computer simulation. But it takes a lot of time to derive it by computer simulation and thus it is difficult for cognitive radio to set the optimal sensing time and then start wireless communication,instantaneously. In this paper, we derive the optimal sensing time for maximal MAC level throughput by theoretical analysis approch.
キーワード (和) コグニティブ無線 / キャリアセンスマルチアクセス / 送信電力制御 / / / / /  
(英) Cognitive Radio / Carrier Sense Multiple Access / Transmission Power Control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 398, SR2010-87, pp. 113-118, 2011年1月.
資料番号 SR2010-87 
発行日 2011-01-20 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2010-87

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2011-01-27 - 2011-01-28 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) コグニティブ無線ネットワーク,クロスレイヤ技術,一般 
テーマ(英) Cognitive Radio Network, Cross Layer, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2011-01-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) キャリアセンス無線アクセスと送信電力制御を併用するコグニティブ無線機のMAC層チャネル容量の理論検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Theoretical Analysis for MAC Layer's Channel Capacity in Cognitive Radio with Carrier Sense Multiple Access and Transmitting Power Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) キャリアセンスマルチアクセス / Carrier Sense Multiple Access  
キーワード(3)(和/英) 送信電力制御 / Transmission Power Control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栄祝 剛洋 / Takahiro Saiwai / サイワイ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo University of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀江 駿太 / Shunta Horie / ホリエ シュンタ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo University of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田久 修 / Osamu Takyu / タキュウ オサム
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo University of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The university of Electro-Communications (略称: The university of Electro-Communications)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 楳田 洋太郎 / Yohtaro Umeda / ウメダ ヨウタロウ
第5著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo University of Science)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-28 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2010-87 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.398 
ページ範囲 pp.113-118 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2011-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会