お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-28 13:05
電子線励起紫外発光ZnAl2O4蛍光体の焼成条件依存性
井口 拓小南裕子中西洋一郎原 和彦静岡大)・大西彰正北浦 守山形大EID2010-23 エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2010-23
抄録 (和) 電子線励起によって紫外発光を示すZnAl2O4は新規紫外発光デバイス用蛍光体として期待されている.本稿では固相合成法により作製したZnAl2O4の構造及び発光の焼成条件依存性について調べた.作製されたZnAl2O4の構造や発光は,焼成時の温度,雰囲気,ZnOモル比といった焼成条件に顕著に依存する傾向が示され,XRD, PLE, CL等の結果からZnAl2O4のバンドギャップが約7 eVであり,紫外発光は酸素欠陥と過剰添加Znによる準位であると推察した. 
(英) ZnAl2O4 phosphor which shows ultra violet emission under the electron beam excitation has been investigated for the ultra violet emitting devices. In this work, we investigated the dependence of structure and the luminescence of ZnAl2O4 phosphor on firing condition which prepared by solid-phase reaction. The structure and the luminescence properties of the ZnAl2O4 were drastically changed by the firing conditions (firing temperature, atmosphere, and ZnO/Al2O3 molar ratio, etc.). From the results of XRD, PLE and CL measurements, it is thought that ZnAl2O4 has a bandgap of about 7 eV and the UV emission is caused by oxygen vacancy and the energy level caused by Zn excess in the crystal.
キーワード (和) 蛍光体 / 紫外 / ZnAl2O4 / 電子線励起 / / / /  
(英) phosphor / UV / ZnAl2O4 / cathodeluminescence / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 404, EID2010-23, pp. 5-8, 2011年1月.
資料番号 EID2010-23 
発行日 2011-01-21 (EID) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EID2010-23 エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2010-23

研究会情報
研究会 EID ITE-IDY IEE-EDD IEIJ-SSL  
開催期間 2011-01-28 - 2011-01-29 
開催地(和) 高知工科大学 研究教育棟B 
開催地(英) Kochi University of Technology 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ 
テーマ(英) Display technology, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EID 
会議コード 2011-01-EID-IDY-EDD-OMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電子線励起紫外発光ZnAl2O4蛍光体の焼成条件依存性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dependence of ZnAl2O4 phosphor for UV emission by EB excitation on firing condition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 蛍光体 / phosphor  
キーワード(2)(和/英) 紫外 / UV  
キーワード(3)(和/英) ZnAl2O4 / ZnAl2O4  
キーワード(4)(和/英) 電子線励起 / cathodeluminescence  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井口 拓 / Taku Iguchi / イグチ タク
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小南 裕子 / Hiroko Kominami / コミナミ ヒロコ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 洋一郎 / Yoichiro Nakanishi / ナカニシ ヨウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 和彦 / Kazuhiko Hara / ハラ カズヒコ
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 彰正 / Akimasa Ohnishi / オオニシ アキマサ
第5著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 北浦 守 / Mamoru Kitaura / キタウラ マモル
第6著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-28 13:05:00 
発表時間 10 
申込先研究会 EID 
資料番号 IEICE-EID2010-23 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EID-2011-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会