電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-27 14:05
[招待講演]フォトニック結晶の最近の進展
野田 進京大PN2010-34 OPE2010-147 LQE2010-132 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2010-147 LQE2010-132
抄録 (和) フォトニック結晶は,周知のように,周期的な屈折分布をもつ光ナノ構造を意味し,光の存在を禁止するフォトニックバンドギャップをもつことを特徴とする.この構造により,自在に光を制御することが可能となるものと期待されており,近年,目覚ましい進展を遂げている.本講演では,(i)2次元フォトニック結晶共振器と導波路,(ii)3次元フォトニック結晶,(iii)2次元フォトニック結晶レーザなどを含め,最近のフォトニック結晶研究の成果,進展について報告する. 
(英) Photonic crystals, in which the refractive index changes periodically, provide an exciting tool for the manipulation of photons and have made substantial progresses in recent years. In this presentation, I will discuss recent progresses in photonic-crystal researches including (i) two-dimensional photonic-crystal cavities and waveguides, (ii) three-dimensional photonic crystals, and (iii) two-dimensional photonic-crystal lasers.
キーワード (和) フォトニック結晶 / フォトニックバンドギャップ / ナノ共振器 / フォトニック結晶レーザ / / / /  
(英) Photonic crystal / Photonic bandgap / Nanocavity / Photonic-crystal laser / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 394, PN2010-34, pp. 47-48, 2011年1月.
資料番号 PN2010-34 
発行日 2011-01-20 (PN, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2010-34 OPE2010-147 LQE2010-132 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2010-147 LQE2010-132

研究会情報
研究会 OPE EMT LQE PN IEE-EMT  
開催期間 2011-01-27 - 2011-01-28 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka Univ. 
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶・ファイバとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2011-01-OPE-EMT-LQE-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フォトニック結晶の最近の進展 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Recent Progress in Photonic Crystals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フォトニック結晶 / Photonic crystal  
キーワード(2)(和/英) フォトニックバンドギャップ / Photonic bandgap  
キーワード(3)(和/英) ナノ共振器 / Nanocavity  
キーワード(4)(和/英) フォトニック結晶レーザ / Photonic-crystal laser  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 進 / Susumu Noda / ノダ ススム
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-27 14:05:00 
発表時間 45 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2010-34,IEICE-OPE2010-147,IEICE-LQE2010-132 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.394(PN), no.395(OPE), no.396(LQE) 
ページ範囲 pp.47-48 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-PN-2011-01-20,IEICE-OPE-2011-01-20,IEICE-LQE-2011-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会