電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-27 14:50
[招待講演]ナノプラズモニクス ~ 原理とナノ光集積回路への展望 ~
高原淳一阪大PN2010-35 OPE2010-148 LQE2010-133 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2010-148 LQE2010-133
抄録 (和) ナノプラズモニクスは金属フォトニクスとナノテクノロジーが融合して生まれたフォトニクスの新しい一分野である.誘電体光導波路では回折限界のために光ビーム径をナノメートルオーダーまで縮小することはできないが,誘電体に代わって負誘電体を用いる負誘電体光導波路によって回折限界を超えるナノ空間の光伝送が原理的に可能となる.これは現在ではプラズモニック導波路とよばれ,ナノプラズモニクスのキーコンポーネントとなっている.プラズモニック導波路によって光ビームをナノ空間に集束する超集束を実現できるほか,構造による分散制御によって長距離伝搬モード,負屈折やスローライトといった特異な効果を単純な2次元構造によって実現できる.将来はナノ光集積回路への応用も期待される. 
(英) Nanoplasmonics is new field of photonics born by fusion of metal photonics and nanotechnology. We can overcome diffraction limit of light by using negative dielectric optical waveguides (i.e. plasmonic waveguides) instead of conventional dielectric optical waveguides. Nowadays, plasmonic waveguides are considered to be a key component of nanoplasmonics. Plasmonic waveguides are able to realize unique properties not only superfocusing, but also long-range surface plasmon, negative refraction and slow light by only simple two-dimensional waveguide structures. We can apply them to nano-optical integrated circuits in future.
キーワード (和) プラズモニクス / 表面プラズモンポラリトン / 回折限界 / プラズモニック導波路 / 長距離伝搬モード / 負屈折 / スローライト / ナノ光集積回路  
(英) plasmonics, / surface plasmon polariton / diffraction limit / plasmonics waveguide / long-range surface plasmon / negative refraction / slow light / nano-optical integrated circuit  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 394, PN2010-35, pp. 49-52, 2011年1月.
資料番号 PN2010-35 
発行日 2011-01-20 (PN, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2010-35 OPE2010-148 LQE2010-133 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2010-148 LQE2010-133

研究会情報
研究会 OPE EMT LQE PN IEE-EMT  
開催期間 2011-01-27 - 2011-01-28 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka Univ. 
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶・ファイバとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2011-01-OPE-EMT-LQE-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ナノプラズモニクス 
サブタイトル(和) 原理とナノ光集積回路への展望 
タイトル(英) Nanoplasmonics 
サブタイトル(英) Principles and Prospects for Nano-Optical Circuits 
キーワード(1)(和/英) プラズモニクス / plasmonics,  
キーワード(2)(和/英) 表面プラズモンポラリトン / surface plasmon polariton  
キーワード(3)(和/英) 回折限界 / diffraction limit  
キーワード(4)(和/英) プラズモニック導波路 / plasmonics waveguide  
キーワード(5)(和/英) 長距離伝搬モード / long-range surface plasmon  
キーワード(6)(和/英) 負屈折 / negative refraction  
キーワード(7)(和/英) スローライト / slow light  
キーワード(8)(和/英) ナノ光集積回路 / nano-optical integrated circuit  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高原 淳一 / Junichi Takahara / タカハラ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-27 14:50:00 
発表時間 45 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2010-35,IEICE-OPE2010-148,IEICE-LQE2010-133 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.394(PN), no.395(OPE), no.396(LQE) 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PN-2011-01-20,IEICE-OPE-2011-01-20,IEICE-LQE-2011-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会