お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-27 13:00
100Gbit/sコヒーレントC-Band WDMシステムを用いたSMF及びDSF混在フィールド伝送路への適応性検討
小西悠介大黒將弘中田 力KDDI)・森田逸郎KDDI研)・小野寺雅輝井上正純KDDIOCS2010-99
抄録 (和) 従来のC-Band 波長帯WDMシステムではDSF光伝送路の影響で長距離伝送品質の確保が困難であったが,近年のコヒーレント光通信技術の発展によりSMFやDSFなどの 敷設光伝送路種類に依存しない光バックボーンネットワーク構築が期待されている。これに伴いSMFやDSFなどの敷設光伝送路種類を意識しないネットワーク設計が可能になり、設計自由度向上に伴うコスト効果が大きく期待される.我々は,C-Band 波長帯とデジタルコヒーレント光受信技術を用いた100Gbit/s WDMシステムの全長744kmに及ぶフィールド伝送実験を,SMF及びDSF の混在敷設ファイバを用いて実施し適用性評価を行ったので報告する. 
(英) Field trial of C-band 100-Gbit/s coherent WDM system over 744km mixture of SMF and DSF lines was demonstrated. Not only reduction of launched optical power with coherent detection, but also utilization of DS-DP-QPSK modulation format is proven to be an effective way to reduce inter-channel optical nonlinear effect for mixed line transmission.
キーワード (和) 光ファイバ通信 / WDM / コヒーレント光通信 / 光変復調方式 / / / /  
(英) optical transmission / WDM / coherent detection / optical modulation and demodulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 392, OCS2010-99, pp. 1-5, 2011年1月.
資料番号 OCS2010-99 
発行日 2011-01-20 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2010-99

研究会情報
研究会 OCS CS  
開催期間 2011-01-27 - 2011-01-28 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英) The University of Tokushima 
テーマ(和) コア・メトロシステム、光アクセスシステム・次世代PON、ブロードバンドアクセス方式、(広域)イーサネット、光伝達網 (OTN)、高速インタフェース、アナログ光伝送、量子通信、一般,CS研50周年記念行事  
テーマ(英) Core/metro system, Optical access system/next generation PON, Broadband access system, (Wide area)Ethernet, Optical transport network(OTN), High-speed interface, Analog optaical transmission, Quantum communication etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2011-01-OCS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 100Gbit/sコヒーレントC-Band WDMシステムを用いたSMF及びDSF混在フィールド伝送路への適応性検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Field Trial of C-band 100 Gbit/s Coherent WDM System over Mixture of SMF and DSF Lines 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ通信 / optical transmission  
キーワード(2)(和/英) WDM / WDM  
キーワード(3)(和/英) コヒーレント光通信 / coherent detection  
キーワード(4)(和/英) 光変復調方式 / optical modulation and demodulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 悠介 / Yusuke Konishi / コニシ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大黒 將弘 / Masahiro Daikoku / ダイコク マサヒロ
第2著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中田 力 / Tsutomu Nakada / ナカダ ツトム
第3著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 逸郎 / Itsuro Morita / モリタ イツロウ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI R&D Labo.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野寺 雅輝 / Masateru Onodera / オノデラ マサテル
第5著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 正純 / Masazumi Inoue / イノウエ マサズミ
第6著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-27 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2010-99 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.392 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OCS-2011-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会