電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-27 17:00
4ポート三接続状態を有するシリコン光スイッチ
庄司雄哉金高健二須田悟史河島 整挾間壽文石川 浩産総研PN2010-39 OPE2010-152 LQE2010-137 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2010-152 LQE2010-137
抄録 (和) トラフィックの増大に伴うIPルータでの電力消費量が大きな問題になっている.我々は,光クロスコネクト(OXC)を用いた光パス網の構築によるネットワークの大容量化と省エネルギー化の両立を検討している.そのキーデバイスとなる光パススイッチでは,シリコンフォトニクス技術を用いることで石英系PLCを用いた場合に比べて小型化,低消費電力化が期待される.今回,4ポート間で三つの接続状態を有する新規な光スイッチの構成を提案し,シリコン細線導波路を用いてデバイスの試作を行ったので報告する.本デバイスをマトリックススイッチへ組み込み,故障回避などの新機能を付加することができる. 
(英) For low-power consumption and high-capacity transmission in photonic network systems, we have developed optical cross-connect (OXC) systems suppressing the energy consumption at routers. A space-division switch based on Si photonics allows to design optical switches with high integration and low power consumption compared with silica-based planar lightwave circuits. In this report, we have fabricated a 4-port optical switch having three connection states, which provides a function of failure avoidance in a large-scale optical matrix switch.
キーワード (和) シリコン導波路 / マトリックススイッチ / 故障回避 / / / / /  
(英) Silicon waveguide / Matrix switch / Failure avoidance / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 396, LQE2010-137, pp. 69-72, 2011年1月.
資料番号 LQE2010-137 
発行日 2011-01-20 (PN, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2010-39 OPE2010-152 LQE2010-137 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2010-152 LQE2010-137

研究会情報
研究会 OPE EMT LQE PN IEE-EMT  
開催期間 2011-01-27 - 2011-01-28 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka Univ. 
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶・ファイバとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2011-01-OPE-EMT-LQE-PN-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 4ポート三接続状態を有するシリコン光スイッチ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Si-based 4-port optical switch having three connection states 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シリコン導波路 / Silicon waveguide  
キーワード(2)(和/英) マトリックススイッチ / Matrix switch  
キーワード(3)(和/英) 故障回避 / Failure avoidance  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄司 雄哉 / Yuya Shoji / ショウジ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金高 健二 / Kenji Kintaka / キンタカ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 須田 悟史 / Satoshi Suda / スダ サトシ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 河島 整 / Hitoshi Kawashima / カワシマ ヒトシ
第4著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 挾間 壽文 / Toshifumi Hasama / ハサマ トシフミ
第5著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 浩 / Hiroshi Ishikawa / イシカワ ヒロシ
第6著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-27 17:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-PN2010-39,IEICE-OPE2010-152,IEICE-LQE2010-137 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.394(PN), no.395(OPE), no.396(LQE) 
ページ範囲 pp.69-72 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PN-2011-01-20,IEICE-OPE-2011-01-20,IEICE-LQE-2011-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会