お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-26 11:45
カオス暗号の並列化に関する研究
佐藤元樹鎌田弘之明大NLP2010-161 NC2010-125
抄録 (和) 本論文では,Chaotic Neurons Type Nonlinearityをベースとした複数のカオス変調システムの変復調部分の並列化を提案している.並列化の利点としてマルチコアCPUやPCクラスタ使用時の変復調スピードの向上と,シングルコアCPU使用時には鍵の総ビット数を増やすことが挙げられる.また,並列化したカオス変調システムの特性評価では,カオス評価の指標である軌道不安定性と,ランダム性についてそれぞれ,Lyapunov指数とDiehardTestにより評価し,並列化における特性の低下が殆ど見られないことを確認している.また,パラメータミスマッチングを行い,並列化によって鍵の有効ビット数が増えることも確認している. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) カオス / カオス暗号 / 並列処理 / リアプノフ指数 / ダイハードテスト / / /  
(英) Chaos / Chaotic Cipher / Vilterra Filter / Lyapunov Exp. / Randomness / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 387, NLP2010-161, pp. 205-210, 2011年1月.
資料番号 NLP2010-161 
発行日 2011-01-17 (NLP, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2010-161 NC2010-125

研究会情報
研究会 NC NLP  
開催期間 2011-01-24 - 2011-01-26 
開催地(和) 北大 百年記念館 
開催地(英) Hokakido Univ. 
テーマ(和) 一般 および 雑音を有効利用する神経系やそのモデル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2011-01-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カオス暗号の並列化に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on the Parallel Chaotic Cipher 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス / Chaos  
キーワード(2)(和/英) カオス暗号 / Chaotic Cipher  
キーワード(3)(和/英) 並列処理 / Vilterra Filter  
キーワード(4)(和/英) リアプノフ指数 / Lyapunov Exp.  
キーワード(5)(和/英) ダイハードテスト / Randomness  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 元樹 / Motoki Sato / サトウ モトキ
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌田 弘之 / Hiroyuki Kamata / カマタ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-26 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2010-161,IEICE-NC2010-125 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.387(NLP), no.388(NC) 
ページ範囲 pp.205-210 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2011-01-17,IEICE-NC-2011-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会