電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-25 14:10
緩和値を用いた確率的ライフゲームの生存密度制御に関する諸検討
東中川 亮川端 豪関西学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 確率的枠組の導入によって,Conway のライフゲームは多様な成長パターンを示すようになるが,逆にその制御は難しくなる.前報で,生存規則に緩和値という概念を導入することによって自由度を抑え,生存密度を制御する手法を提案した.本報告では,この緩和値による生存密度制御手法に関し,初期様相依存性,セル数依存性,また正方格子以外の三角格子やスケールフリーネットワーク上でのライフゲームについて,有効性の検討を行った. 
(英) By adopting a stochastic framework, Conway’s game of life becomes powerful, however becomes uncontrollable. The relaxing factor enables to control the life-game survival densities without increasing the degree of freedom. This paper describes the dependency of the initial configuration upon the survival density and the dependency of the field size upon the survival density. Also this paper describes the stochastic game of life on the square lattices, triangle lattices and scale-free networks.
キーワード (和) ライフゲーム / 生存密度 / 緩和値 / 初期様相 / / / /  
(英) Game of Life / Survival Density / Relaxing Factor / Initial Configuration / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 388, NC2010-113, pp. 141-146, 2011年1月.
資料番号 NC2010-113 
発行日 2011-01-17 (NLP, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC NLP  
開催期間 2011-01-24 - 2011-01-26 
開催地(和) 北大 百年記念館 
開催地(英) Hokakido Univ. 
テーマ(和) 一般 および 雑音を有効利用する神経系やそのモデル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2011-01-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 緩和値を用いた確率的ライフゲームの生存密度制御に関する諸検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Aspects on the Survival Density Control based on the Relaxing Factor for the Stochastic Game of Life 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ライフゲーム / Game of Life  
キーワード(2)(和/英) 生存密度 / Survival Density  
キーワード(3)(和/英) 緩和値 / Relaxing Factor  
キーワード(4)(和/英) 初期様相 / Initial Configuration  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 東中川 亮 / Ryo Higashinakagawa / ヒガシナカガワ リョウ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川端 豪 / Takeshi Kawabata / カワバタ タケシ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-25 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NLP2010-149,IEICE-NC2010-113 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.387(NLP), no.388(NC) 
ページ範囲 pp.141-146 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2011-01-17,IEICE-NC-2011-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会