お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-25 13:20
一般化非同期デジタルスパイクニューロンモデルの興奮特性 ~ Field programmable neuron arrayの構築に向けて ~
松原 崇鳥飼弘幸阪大NLP2010-147 NC2010-111
抄録 (和) デジタルスパイクニューロンはシフトレジスタの結合系であり,ニューロンの様々な非線形ダイナミクスの再現できる.本稿では既存のデジタルスパイクニューロンを一般化した新たなモデルを提案する.またリターンマップを用いて,このモデルがニューロンモデルとしてより様々な分岐現象や応答特性を再現できること示す. 
(英) A digital spiking neuron is a wired system of shift registers and it can exhibit various nonlinear dynamics of real neurons. In this paper, we present a new generalized digital spiking neuron model. Using a return map, it is show that the model can exhibit more various neuron-like bifurcation phenomena and responses.
キーワード (和) スパイクニューロンモデル / セルオートマトン / 分岐現象 / / / / /  
(英) Spiking neuron model / Cellular automaton / Bifurcation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 388, NC2010-111, pp. 129-134, 2011年1月.
資料番号 NC2010-111 
発行日 2011-01-17 (NLP, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2010-147 NC2010-111

研究会情報
研究会 NC NLP  
開催期間 2011-01-24 - 2011-01-26 
開催地(和) 北大 百年記念館 
開催地(英) Hokakido Univ. 
テーマ(和) 一般 および 雑音を有効利用する神経系やそのモデル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2011-01-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 一般化非同期デジタルスパイクニューロンモデルの興奮特性 
サブタイトル(和) Field programmable neuron arrayの構築に向けて 
タイトル(英) Excitabilities of generalized asynchronous digital spiking neuron model 
サブタイトル(英) Toward developing a field programmable neuron array 
キーワード(1)(和/英) スパイクニューロンモデル / Spiking neuron model  
キーワード(2)(和/英) セルオートマトン / Cellular automaton  
キーワード(3)(和/英) 分岐現象 / Bifurcation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 崇 / Takashi Matsubara / マツバラ タカシ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳥飼 弘幸 / Hiroyuki Torikai / トリカイ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-25 13:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NLP2010-147,IEICE-NC2010-111 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.387(NLP), no.388(NC) 
ページ範囲 pp.129-134 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2011-01-17,IEICE-NC-2011-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会