お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-25 17:10
半導体レーザにおけるランダム位相変調光を用いた共通信号入力同期
奥村 悠会田裕貴埼玉大)・染谷弘行拓殖大)・内田淳史埼玉大)・吉村和之デイビス ピーターNTTNLP2010-154 NC2010-118
抄録 (和) 結合された非線形システム間におけるカオス同期の研究が盛んであるが、近年、共通の入力信号に対する非線形システムの同期現象が観測されており、共通信号入力同期と呼ばれている。本研究では、光強度が一定で光位相がランダムに変調された駆動用レーザを用意し、このレーザ出力を2つの受信用レーザに一方向に注入することで、共通信号入力同期を実験的に観測した。その結果、駆動用レーザと受信用レーザ間の時間波形の相関は0付近であったが、2つの受信用レーザ間の時間波形は高い相関を示した。また相関のパラメータ依存性について調査し、2つの受信用レーザ間の相関値が広いパラメータ領域で高くなり、駆動用レーザと受信用レーザ間の相関値が0付近から変化しないことを観測した。 
(英) We experimentally observe the synchronization in semiconductor lasers subject to a common drive signal with constant-amplitude random-phase. We show the parameter regions at which the outputs of the two response lasers can be highly correlated with each other even though the correlation between the drive and response lasers is very low.
キーワード (和) カオス / 同期 / 半導体レーザ / 戻り光 / ノイズ / / /  
(英) chaos / synchronization / semiconductor laser / optical feedback / noise / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 387, NLP2010-154, pp. 169-172, 2011年1月.
資料番号 NLP2010-154 
発行日 2011-01-17 (NLP, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2010-154 NC2010-118

研究会情報
研究会 NC NLP  
開催期間 2011-01-24 - 2011-01-26 
開催地(和) 北大 百年記念館 
開催地(英) Hokakido Univ. 
テーマ(和) 一般 および 雑音を有効利用する神経系やそのモデル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2011-01-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 半導体レーザにおけるランダム位相変調光を用いた共通信号入力同期 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Synchronization in semiconductor lasers subject to common drive signal with constant-amplitude random-phase 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス / chaos  
キーワード(2)(和/英) 同期 / synchronization  
キーワード(3)(和/英) 半導体レーザ / semiconductor laser  
キーワード(4)(和/英) 戻り光 / optical feedback  
キーワード(5)(和/英) ノイズ / noise  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 悠 / Haruka Okumura / オクムラ ハルカ
第1著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 会田 裕貴 / Hiroki Aida / アイダ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 染谷 弘行 / Hiroyuki Someya / ソメヤ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 淳史 / Atsushi Uchida / ウチダ アツシ
第4著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉村 和之 / Kazuyuki Yoshimura / ヨシムラ カズユキ
第5著者 所属(和/英) NTTコミュニケーション科学基礎研究所 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) デイビス ピーター / Peter Davis / デイビス ピーター
第6著者 所属(和/英) NTTコミュニケーション科学基礎研究所 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories NTT Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-25 17:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2010-154,IEICE-NC2010-118 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.387(NLP), no.388(NC) 
ページ範囲 pp.169-172 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2011-01-17,IEICE-NC-2011-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会