お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-25 11:45
数学的観点よりBP法に従ったCNNテンプレート設計に関する研究
那賀川 雅上手洋子西尾芳文徳島大NLP2010-146 NC2010-110
抄録 (和) 我々はこれまでの研究で,バックプロパゲーション(Back Propagation: BP) を用いたセルラニューラルネットワーク(Cellular Neural Networks: CNN) のテンプレート設計を提案した.
本提案手法では,設計されたテンプレートによって出力された画像と教師画像との平均誤差を用いてテンプレートを更新することで,学習を行う.
本研究では,提案手法をBPの手順に従い数学的観点より検討した.
そして一次元グレースケール画像を用いパラメータを変えたときの,提案手法の性能調査を行う. 
(英) In previous study, we have proposed template design method of cellular neural networks with back propagation algorithm.
In this proposed method, template is learned by using the average error between the output image and the desired image.
In this study, we reexamine previous method according to original back propagation algorithm from a mathematical point of view.
We test the performance of reexamination method by changing parameters with one-dimensional gray scale images.
キーワード (和) セルラニューラルネットワーク / バックプロパゲーション / / / / / /  
(英) Cellular Neural Networks / Back Propagation / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 387, NLP2010-146, pp. 123-127, 2011年1月.
資料番号 NLP2010-146 
発行日 2011-01-17 (NLP, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2010-146 NC2010-110

研究会情報
研究会 NC NLP  
開催期間 2011-01-24 - 2011-01-26 
開催地(和) 北大 百年記念館 
開催地(英) Hokakido Univ. 
テーマ(和) 一般 および 雑音を有効利用する神経系やそのモデル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2011-01-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 数学的観点よりBP法に従ったCNNテンプレート設計に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) CNN Template Design that Obeyed BP Method from a Mathematical Point of View 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セルラニューラルネットワーク / Cellular Neural Networks  
キーワード(2)(和/英) バックプロパゲーション / Back Propagation  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 那賀川 雅 / Masashi Nakagawa / ナカガワ マサシ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上手 洋子 / Yoko Uwate / ウワテ ヨウコ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 芳文 / Yoshifumi Nishio / ニシオ ヨシフミ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-25 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2010-146,IEICE-NC2010-110 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.387(NLP), no.388(NC) 
ページ範囲 pp.123-127 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2011-01-17,IEICE-NC-2011-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会