お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-24 14:35
非線形科学の視点から「コンピュータ音楽」を考える
長嶋洋一静岡文化芸術大NLP2010-133 NC2010-97
抄録 (和) 筆者は過去に音楽情報科学/Computer Musicの領域においてカオスやニューラルネットや引き込み現象などを研究してきた。今回、同期理論やNLP研究をサーベイする中で、これまで断片的であった概念が整理統合されるとともに、新たな音楽情報科学研究のために非線形科学のアプローチの有効性を確信した。本発表では、(1)関連領域での筆者の研究創作活動の報告、(2)内外の関連研究のサーベイ報告、(3)Computer Musicでの新しいアイデアの可能性、について紹介する。 
(英) This is a survay report and a discussion for computer music with nonlinear science.
キーワード (和) 非線形科学 / 音楽情報科学 / カオス / 引き込み / / / /  
(英) Nonlinear Science / Computer Music / Chaos / Entrainment / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 387, NLP2010-133, pp. 49-56, 2011年1月.
資料番号 NLP2010-133 
発行日 2011-01-17 (NLP, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2010-133 NC2010-97

研究会情報
研究会 NC NLP  
開催期間 2011-01-24 - 2011-01-26 
開催地(和) 北大 百年記念館 
開催地(英) Hokakido Univ. 
テーマ(和) 一般 および 雑音を有効利用する神経系やそのモデル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2011-01-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非線形科学の視点から「コンピュータ音楽」を考える 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Discussion for Computer Music with Nonlinear Science 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非線形科学 / Nonlinear Science  
キーワード(2)(和/英) 音楽情報科学 / Computer Music  
キーワード(3)(和/英) カオス / Chaos  
キーワード(4)(和/英) 引き込み / Entrainment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長嶋 洋一 / Yoichi Nagashima / ナガシマ ヨウイチ
第1著者 所属(和/英) 静岡文化芸術大学 (略称: 静岡文化芸術大)
Shizuoka University of Art and Culture (略称: SUAC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-24 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2010-133,IEICE-NC2010-97 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.387(NLP), no.388(NC) 
ページ範囲 pp.49-56 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-NLP-2011-01-17,IEICE-NC-2011-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会