お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-21 11:40
2GHz帯伝搬測定に基づくMIMOチャネルモデルを用いた直交偏波アンテナ選択法の特性評価(2) ~ 直交偏波アンテナ選択法の適用効果 ~
西本 浩平 明徳久保博嗣三菱電機)・潘 文安Ramesh Annavajjala小池俊昭Philip V. OrlikAndreas F. MolischMitsubishi Electric Research Labs.SIP2010-104 RCS2010-234
抄録 (和) MIMOシステムに直交偏波アンテナ選択法を適用することにより,従来のMIMO通信装置で課題であったコスト,及び,実装規模を低減することができる.しかしながら,その伝送性能は実環境の偏波伝搬特性に依存する.そこで,本研究では,対象とする2GHz帯における偏波伝搬実験に基づいたMIMOチャネルモデルを確立した.本稿では,同モデルを用いて,対象環境における直交偏波アンテナ選択法の適用効果を評価する.計算機シミュレーションの結果,検討する偏波アンテナ選択法は特に低SNR環境において改善効果が高いこと,また,セルエッジにおいて平均システム容量が最大15%改善されることが明らかとなった. 
(英) In a multiple-input multiple-output (MIMO) system, cross-polarized antenna selection yields significant reduction in cost and hardware size. However, actual benefits of the technique are dependent on the propagation characteristics including channel polarization. To accurately characterize the target 2GHz-band MIMO channels, the authors conduct 2GHz cross-polarized channel measurement campaigns. Based on the measured data, novel channel models specifically for the 2 GHz band are established. In this paper, we evaluate the performance improvement obtained with cross-polarized antenna selection using the channel models. Simulation results reveal that antenna selection is particularly useful in the low SNR regime, and that the average system capacity at cell edges can be increased up to 15%.
キーワード (和) MIMOシステム / 直交偏波 / アンテナ選択 / チャネル容量 / / / /  
(英) MIMO / cross polarization / antenna selection / channel capacity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 369, RCS2010-234, pp. 209-214, 2011年1月.
資料番号 RCS2010-234 
発行日 2011-01-13 (SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2010-104 RCS2010-234

研究会情報
研究会 SIP RCS  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 屋久島離島総合開発センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 無線通信のための信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2011-01-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2GHz帯伝搬測定に基づくMIMOチャネルモデルを用いた直交偏波アンテナ選択法の特性評価(2) 
サブタイトル(和) 直交偏波アンテナ選択法の適用効果 
タイトル(英) Performance Evaluation of Cross-Polarized Antenna Selection over 2GHz Measurement-Based MIMO Channel Models (II) 
サブタイトル(英) Effect of Cross-Polarized Antenna Selection 
キーワード(1)(和/英) MIMOシステム / MIMO  
キーワード(2)(和/英) 直交偏波 / cross polarization  
キーワード(3)(和/英) アンテナ選択 / antenna selection  
キーワード(4)(和/英) チャネル容量 / channel capacity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西本 浩 / Hiroshi Nishimoto / ニシモト ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平 明徳 / Akinori Taira / タイラ アキノリ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 潘 文安 / Man-On Pun / プン マンオン
第4著者 所属(和/英) Mitsubishi Electric Research Labs. (略称: Mitsubishi Electric Research Labs.)
Mitsubishi Electric Research Labs. (略称: MERL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Ramesh Annavajjala / Ramesh Annavajjala / Ramesh Annavajjala
第5著者 所属(和/英) Mitsubishi Electric Research Labs. (略称: Mitsubishi Electric Research Labs.)
Mitsubishi Electric Research Labs. (略称: MERL)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 俊昭 / Toshiaki Koike-Akino / コイケ トシアキ
第6著者 所属(和/英) Mitsubishi Electric Research Labs. (略称: Mitsubishi Electric Research Labs.)
Mitsubishi Electric Research Labs. (略称: MERL)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) Philip V. Orlik / Philip V. Orlik / Philip V. Orlik
第7著者 所属(和/英) Mitsubishi Electric Research Labs. (略称: Mitsubishi Electric Research Labs.)
Mitsubishi Electric Research Labs. (略称: MERL)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) Andreas F. Molisch / Andreas F. Molisch / Andreas F. Molisch
第8著者 所属(和/英) Mitsubishi Electric Research Labs. (略称: Mitsubishi Electric Research Labs.)
Mitsubishi Electric Research Labs. (略称: MERL)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-21 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SIP2010-104,IEICE-RCS2010-234 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.368(SIP), no.369(RCS) 
ページ範囲 pp.209-214 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2011-01-13,IEICE-RCS-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会