お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-21 12:10
次世代携帯端末向けSMPスケジューリング技術
栗原康志山内宏真大友俊也鈴木貴久大舘尚記山下浩一郎富士通研エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2010-137
抄録 (和) 次世代携帯端末では性能,消費電力の関係からマルチコア技術が今後普及していくことが最近の動向調査から予期される。組込み技術で特徴的な並列化によるオーバーヘッドがOS上で十分に考慮されていない場合、並列化により性能が劣化する場合がある.本稿では実際のOSプラットフォームを用いた特徴分析とメモリアクセス競合を考慮したSMPスケジューリング技術を紹介し,評価・検証する. 
(英) Recently it is expected that multi-core technologies are used for the mobile platform of next-generation, because of energy consumption problems. Parallelization in embedded system without thinking of specific overhead can cause performance decrease. In this paper, we would like to introduce two topics. First, we introduce feature of parallel computing in embedded system by experiments on real platform. Second, we introduce technique of SMP-scheduling to avoid overhead of memory access contention, and evaluate this technique.
キーワード (和) マルチコア / スレッドスケジューリング / / / / / /  
(英) multi-core / scheduling / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 380, ICD2010-137, pp. 63-68, 2011年1月.
資料番号 ICD2010-137 
発行日 2011-01-13 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2010-137

研究会情報
研究会 ICD IPSJ-ARC  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 慶応大学(日吉) 
開催地(英) Keio University (Hiyoshi Campus) 
テーマ(和) 集積回路とアーキテクチャの協創~3次元集積回路技術とアーキテクチャ~ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2011-01-ICD-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 次世代携帯端末向けSMPスケジューリング技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) SMP-scheduling scheme for the mobile platform of next-generation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチコア / multi-core  
キーワード(2)(和/英) スレッドスケジューリング / scheduling  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗原 康志 / Koji Kurihara / クリハラ コウジ
第1著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FUJITSU LAB)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 宏真 / Hiromasa Yamauchi / ヤマウチ ヒロマサ
第2著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FUJITSU LAB)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大友 俊也 / Toshiya Otomo / オオトモ トシヤ
第3著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FUJITSU LAB)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 貴久 / Takahisa Suzuki / スズキ タカヒサ
第4著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FUJITSU LAB)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大舘 尚記 / Naoki Odate / オオダテ ナオキ
第5著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FUJITSU LAB)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 浩一郎 / Koichiro Yamashita / ヤマシタ コウイチロウ
第6著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FUJITSU LAB)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-21 12:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2010-137 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.380 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICD-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会