お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-21 15:00
離散事象システムにおける安全性制約をもつ分散型故障予知診断器の存在性の検証
原田洋樹高井重昌阪大CST2010-79
抄録 (和) 離散事象システムにおいて,複数のローカル診断器を用いた分散型故障予知診断が研究されている.観測事象列に基づき,システム内部での故障の発生を予知することが,故障予知診断である.しかし,たとえ,故障の予知が出来たとしても,差し迫った故障に対しては十分に対応出来ない場合があると考えられる.そこで,本稿では,将来の故障発生に対して安全に対処を行える範囲内で故障予知を行うという安全性制約を課す.そしてそのような安全性制約を満足する分散型診断器が存在するための必要十分条件を導出し,その条件を検証するアルゴリズムを構築する. 
(英) For discrete event systems, decentralized predictive diagnosis of failures using local diagnosers has been studied.The task of predictive diagnosis is to predict a failure before its occurrence based on observed event sequences.However, even if the occurrence of an impending failure is predicted, there may not be enough time to react it.In this paper, we impose a safety constraint that any failure is detected in a timely fashion so that its occurrence is safely reacted.We derive a necessary and sufficient condition for the existence of a decentralized predictive diagnoser that satisfies the safety constraint, and present an algorithm that verifies the existence condition.
キーワード (和) 離散事象システム / 故障予知診断 / 分散型診断器 / 安全性制約 / / / /  
(英) discrete event system / predictive diagnosis for failures / decentralized diagnoser / safety constraint / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, 2011年1月.
資料番号  
発行日 2011-01-13 (CST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CST2010-79

研究会情報
研究会 MSS  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 海峡メッセ下関 
開催地(英) Kaikyo-Messe-Shimonoseki 
テーマ(和) コンカレントシステム及び一般 
テーマ(英) Concurrent Systems, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2011-01-CST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 離散事象システムにおける安全性制約をもつ分散型故障予知診断器の存在性の検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Verification of Existence of Decentralized Predictive Diagnosers with Safety Constraints for Discrete Event Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 離散事象システム / discrete event system  
キーワード(2)(和/英) 故障予知診断 / predictive diagnosis for failures  
キーワード(3)(和/英) 分散型診断器 / decentralized diagnoser  
キーワード(4)(和/英) 安全性制約 / safety constraint  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 洋樹 / Hiroki Harada /
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高井 重昌 / Shigemasa Takai /
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-21 15:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-CST2010-79 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CST-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会