お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-21 09:20
無線バックホールにおける直交偏波を用いたマルチアンテナ無線中継伝送に関する検討
池崎一生牟田 修古川 浩九大SIP2010-96 RCS2010-226
抄録 (和) 次世代モバイルブロードバンドを実現する形態の1つとして無線バックホールシステムが検討されている.中継回線品質はアンテナ配置やアンテナ素子の指向性に依存する.無線中継システムにおいて,設置形態やアンテナの向きに依存せず安定した中継回線品質を維持するには,設置形態などに応じてアンテナ指向性を自動調整することが有効である.本論文では,IEEE802.11a/b/g に準拠した既存の無線中継局のアンテナの機能を拡張する手段として,直交偏波を用いるマルチアンテナシステムと中継パケットを利用したアンテナ制御手法を提案する.提案システムでは中継パケット長の長短に対応づけられたアンテナ制御情報を検出することによりアンテナ制御を行う.これにより,既存のハードウェアシステムに大きな変更を加えることなくマルチアンテナ化することができる.まず,マルチアンテナシステムの試作機を用いて,提案アンテナ制御方式の有効性を実験的に確認した.次に,本論文で仮定するマルチアンテナシステムを無線バックホールに適用した場合の中継伝送特性を計算機シミュレーションにより評価した.マルチアンテナ用のパケット転送プトロコルを用いる提案アンテナシステムは無指向性シングルアンテナシステムと比べてスループット特性を約24%改善できることを示した. 
(英) Wireless backhaul systems have been considered as a promising candidate of beyond 3G wireless broadband system for mobile communications. The achievable transmission performance over radio relay channel depends on antenna directivity and radiation patterns of each antenna element. To improve the transmission performance and keep radio relay channel in an acceptable condition, it is effective to control the antenna directivity by employing multi-antenna signal transmission and reception. In this paper, we propose a simple method to extend the existing single antenna relay node based on IEEE802.11a/b/g to multi-antenna system, where a cross polarized multi-antenna is applied to the existing relay nodes as external equipment. The multi-antenna system is controlled by detecting the antenna control information assigned to the lengths of the packets transmitted from the existing node. The proposed method does not require special change of the existing system such as hardware design on multi- -antenna configuration. We also developed a prototype base/relay node with optional multi-antenna equipment and confirmed the effectiveness of the proposed method by experiment. To clarify the effectiveness of the proposed multi- antenna system in wireless backhaul networks, we evaluate throughput performance by system level simulations. Simulation results ensure that the proposed multi-antenna system with highly efficient packet forwarding protocol, called Intermittent Periodic Transmit (IPT), improves throughput performance of the radio relay transmission in wireless backhaul as compared with conventional omni-directional antenna system.
キーワード (和) 直交偏波 / 適応アンテナ制御 / 無線中継伝送 / 無線バックホール / 周期的間欠送信法 / / /  
(英) Cross-polarized array antenna / Adaptive antenna control / Radio relay transmission / Wireless Backhaul / Intermittent packet transmit (IPT) packet forwarding protocol / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 369, RCS2010-226, pp. 161-166, 2011年1月.
資料番号 RCS2010-226 
発行日 2011-01-13 (SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2010-96 RCS2010-226

研究会情報
研究会 SIP RCS  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 屋久島離島総合開発センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 無線通信のための信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2011-01-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線バックホールにおける直交偏波を用いたマルチアンテナ無線中継伝送に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simplified Cross-Polarized Multi-Antenna System for Radio Relay Transmission in Wireless Backhaul 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 直交偏波 / Cross-polarized array antenna  
キーワード(2)(和/英) 適応アンテナ制御 / Adaptive antenna control  
キーワード(3)(和/英) 無線中継伝送 / Radio relay transmission  
キーワード(4)(和/英) 無線バックホール / Wireless Backhaul  
キーワード(5)(和/英) 周期的間欠送信法 / Intermittent packet transmit (IPT) packet forwarding protocol  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池崎 一生 / Issei Ikezaki / イケザキ イッセイ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
KyushuUniversity (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牟田 修 / Osamu Muta / ムタ オサム
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
KyushuUniversity (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 浩 / Hiroshi Furukawa / フルカワ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
KyushuUniversity (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-21 09:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SIP2010-96,IEICE-RCS2010-226 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.368(SIP), no.369(RCS) 
ページ範囲 pp.161-166 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2011-01-13,IEICE-RCS-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会