電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-21 10:30
災害時におけるアドホックネットワークを利用した被災者駆けつけ方式の計算機シミュレーション
小出雄太佐藤 直石井和行情報セキュリティ大USN2010-58
抄録 (和) 近年,無線通信技術の発展に伴い,様々な無線ネットワークが高速かつ安定して組織できるようになった.これにより,119番緊急通報など緊急性を要した通信の可用性を高めていると考えられる.しかし,既存の携帯電話などのネットワークは,その利用範囲は基地局の通信範囲に限られるため大規模な地震などの災害時には基地局の倒壊などにより利用できなくなる可能性が高い.そういった災害時に耐性のあるネットワークとしてアドホックネットワークの利用が期待されている.本研究では,災害時におけるアドホックネットワークの利用を想定して電界強度を測定することで,位置が特定できない被災した要救護者のもとへ駆けつける方式を提案する. 
(英) A variety of wireless networks were high-speed and steady and it came to be organizable as the wireless technology developed in recent years. As a result, it is thought that the availability of the communication that requires the emergency like the 119th emergency call. has been improved. However, the range of use is limited within the range of the communication in the base station as for the established network. Therefore, the possibility that it becomes impossible to use the network by the collapse of the base station etc. is high at a disaster. The ad-hoc network is expected in a time of disaster as the network with the tolerance. In this research, it uses and measures RSSI (Received Signal Strength Indicator) in the ad-hoc network. And it proposes the search method to the sufferer who cannot specify the position.
キーワード (和) 災害 / アドホックネットワーク / 位置検知技術 / / / / /  
(英) GPS-free / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 378, USN2010-58, pp. 107-112, 2011年1月.
資料番号 USN2010-58 
発行日 2011-01-13 (USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード USN2010-58

研究会情報
研究会 AN MoNA USN  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) モバイルユビキタス/センサ技術,アドホックネットワーク,RFID,一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile Ubiquitous, Sensor, Ad hoc networks, RFID, etc. and Technology exhibit, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 USN 
会議コード 2011-01-AN-MoMuC-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 災害時におけるアドホックネットワークを利用した被災者駆けつけ方式の計算機シミュレーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Computer Simulation on Rescueing Movement using Adhoc Network in case of a disaster 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 災害 / GPS-free  
キーワード(2)(和/英) アドホックネットワーク /  
キーワード(3)(和/英) 位置検知技術 /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小出 雄太 / Yuta Koide / コイデ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 情報セキュリティ大学院大学 (略称: 情報セキュリティ大)
Institute of Information Security (略称: IISEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 直 / Naoshi Sato / サトウ ナオシ
第2著者 所属(和/英) 情報セキュリティ大学院大学 (略称: 情報セキュリティ大)
Institute of Information Security (略称: IISEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 和行 / Kazuyuki Ishii / イシイ カズユキ
第3著者 所属(和/英) 情報セキュリティ大学院大学 (略称: 情報セキュリティ大)
Institute of Information Security (略称: IISEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-21 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 USN 
資料番号 IEICE-USN2010-58 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.378 
ページ範囲 pp.107-112 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-USN-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会