お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-21 14:30
MIMO相関チャネルにおけるPhase Rotationプリコーディング法に関する一検討
古市 匠梅林健太神谷幸宏鈴木康夫東京農工大SIP2010-114 RCS2010-244
抄録 (和) 本稿では,MIMO相関チャネルにおける簡易な送信プリコーディング法であるPhase Rotation(PR)法の検討を行なう.有相関チャネルとしてKronecker Modelを用い,空間相関は送信アンテナ間のみに生じているものとする.PR法とは,送信シンボルに対する位相回転のみによるプリコーディング法である.従来のPR法では,チャネルの統計的な情報である複素相関係数を元に,空間相関の影響を低減する位相回転量を求めていた.この場合,送信機にチャネル情報(Channel State Information:CSI)または位相回転量をフィードバックする必要がある.
本検討では,PR 法において,瞬時CSIを用いて位相回転量を求めることを検討する.瞬時CSIを用いることで従来のPR法に比べ伝送特性は改善される.しかし,瞬時CSIの場合は複素相関係数を用いる場合よりも短い周期でCSIをフィードバックする必要がある.そこで,位相を量子化することでフィードバックに必要なコストを下げるという検討を行なった.計算機シミュレーションにより,従来手法と比較して提案手法が同等のフィードバックビット数で優れた誤り率特性が得られることを確認した. 
(英) This paper presents Phase Rotation (PR) method as a transmit precoding for MIMO correlated channel.We assume that MIMO channel is represented by Kronecker Model and that there is spatial correlation only among transmit antennas.PR method can reduce the influence of spatial correlation by rotating transmit symbols by a certain phase angle.
For conventional PR, the phase angle is obtained with complex correlation coefficient as statistical information of MIMO channelto reduce a effect of spatial correlation the receiver needs to feedback information for the PR to the transmitter.In a conventional method, the PR method has been investigated under two transmit antennas scenario.
We propose the PR method with instant CSI. Using instant CSI can obtain the better performance than conventional PR method.
However, receiver send information for PR more often than the conventional method. We also investigate a quantization of phase information to reduce a cost of the feedback. Feedback cost can be reduced with quantized phase angle.The simulation results showed that the proposed PR method provides better performance than conventional PR method's with the same feedback cost.
キーワード (和) MIMO / 空間相関 / MLD / プリコーディング / 有限フィードバック / Phase Rotation / /  
(英) MIMO / Spatial correlation / MLD / Precoding / Limited Feedback / Phase Rotation / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 369, RCS2010-244, pp. 269-274, 2011年1月.
資料番号 RCS2010-244 
発行日 2011-01-13 (SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2010-114 RCS2010-244

研究会情報
研究会 SIP RCS  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 屋久島離島総合開発センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 無線通信のための信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2011-01-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MIMO相関チャネルにおけるPhase Rotationプリコーディング法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Phase Rotation Precoding Method for MIMO Correlated Channel 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) 空間相関 / Spatial correlation  
キーワード(3)(和/英) MLD / MLD  
キーワード(4)(和/英) プリコーディング / Precoding  
キーワード(5)(和/英) 有限フィードバック / Limited Feedback  
キーワード(6)(和/英) Phase Rotation / Phase Rotation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古市 匠 / Sho Furuichi / フルイチ ショウ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agr and Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅林 健太 / Kenta Umebayashi / ウメバヤシ ケンタ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agr and Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 幸宏 / Yukihiro Kamiya / カミヤ ユキヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agr and Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 康夫 / Yasuo Suzuki / スズキ ヤスオ
第4著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agr and Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-21 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SIP2010-114,IEICE-RCS2010-244 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.368(SIP), no.369(RCS) 
ページ範囲 pp.269-274 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2011-01-13,IEICE-RCS-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会