電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-20 11:35
Location Based Clusteringを用いたP2Pストリーミング
大村淳己高田和也後藤滋樹早大
抄録 (和) 一般家庭でもブロードバンド回線を利用するようになり,Youtube に代表される多くの動画共有サイトが誕生し,映像配信サービスが爆発的に成長した.ところで現在の映像配信方式の多くはクライアントサーバモデルであり,計算機とネットワーク回線の物量作戦となってしまう.この問題を解決するためP2P を利用した配信方式が数多く研究されているが,一般のP2P プロトコルでは参加するノードの地理的な情報を考慮することなく,世界中のノードと接続してしまう.P2P における地理情報を活用するための研究は,多数のノードを用いて評価実験を行なう必要があるため,多くの研究がシミュレーション実験に依存している.本論文ではP2P 環境における地理情報に基づくクラスタリング手法を提案し,世界規模で運用されているPlanetLab を用いてBitTorrent によるマルチメディアストリーミングの配信実験を行い,提案手法を評価している. 
(英) As broadband communications have penetrated to ordinary home users,many video delivery services,including YouTube, became popular and widely used. The current contentdelivery systems usually operate basedon the client-server model and they depend heavily on the number ofservers and the capacity of the network. Therehave been published lots of research papers that try to solve thisscaling problem. A general P2P protocol tends toconnect a node to other peer nodes from all around the world withouttaking any locality information into account.The earlier studies utilize simulation experiments for evaluating P2Ppeer selection algorithm, because it is difficultto realize an environment with a large number of real node machines inthe Internet. This paper proposes a newmethod for Location Based Clustering in P2P multimedia streaming. Weevaluate the proposed mechanizm onPlanetLab which is a actual world network and machines.
キーワード (和) P2P ストリーミング / コンテンツ配信 / BitTorrent / 地理情報 / クラスタリング / / /  
(英) P2P streaming / content delivery / BitTorrent / geographical information / clustering / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 373, IN2010-124, pp. 37-42, 2011年1月.
資料番号 IN2010-124 
発行日 2011-01-13 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka Univ. 
テーマ(和) 自律分散ネットワーク,P2Pネットワーク,オーバーレイネットワーク,マルチキャスト,セッション管理,インターネットトラヒック,コンテンツ配信,コンテンツ流通,コンテンツセキュリティおよび一般 
テーマ(英) autonomous distributed networks, P2P networks, overlay networks, multicast, session management, internet traffic, contents delivery, contents distribution, contents security, and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2011-01-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Location Based Clusteringを用いたP2Pストリーミング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Location Based Clustering in P2P Multimedia Streaming 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) P2P ストリーミング / P2P streaming  
キーワード(2)(和/英) コンテンツ配信 / content delivery  
キーワード(3)(和/英) BitTorrent / BitTorrent  
キーワード(4)(和/英) 地理情報 / geographical information  
キーワード(5)(和/英) クラスタリング / clustering  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大村 淳己 / Junki Ohmura / オオムラ ジュンキ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 和也 / Kazuya Takada / タカダ カズヤ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 滋樹 / Shigeki Goto / ゴトウ シゲキ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-20 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2010-124 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.373 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会