お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-20 13:00
超高速ビットレート移動通信用ベースバンド伝送実験系の構築と特性評価 ~ 4×4 MIMOによる5 Gbps伝送系 ~
加藤俊介須山 聡鈴木 博府川和彦東工大SIP2010-79 RCS2010-209
抄録 (和) 移動通信におけるさらなる高速化を目指し,超高速ビットレート伝送が検討されており,その実現性を検証するため,帯域幅 400 MHz,4$\times$4 MIMO により 5 Gbps を実現するベースバンド (BB) 伝送実験系を構築し,伝送特性を評価する.BB 伝送実験系は,800 MHz サンプリングの DAC と ADC を搭載した FPGA ボードと,オフラインで送受信処理を行う CPU ボードから構成される.ADC は,400 MHz サンプリングの ADC を逆相のクロックで並列に動作させることで,800 MHz でのサンプリングを実現している.ADC におけるアナログ回路の特性差やクロック信号の配線長差により発生するエラー・ベクトル・マグニチュード (EVM) の劣化を,クロック信号に対する遅延チップの制御とディジタル・キャリブレーションにより補償する.また,BB での伝送特性を評価するため,CPU 上の送信処理にフェージング生成処理を付加した.MIMO 信号検出にはターボ検出を用い,復号器の出力であるビットの対数尤度比を用いて他ストリームの信号成分を受信信号から除去し,その除去残差の抑圧と所望信号の合成を線形フィルタにより実現する.符号化率 3/4,64QAM の 4$\times$4 MIMO-OFDM による 5 Gbps BB 伝送実験において,伝送特性の実験結果が計算機シミュレーション結果とほぼ一致することを明らかにする. 
(英) Super high bit-rate transmission has been investigated to achieve the higher bit-rate in mobile communications. Thus, this report studies an experimental system of 5 Gbps baseband (BB) transmission with 400 MHz bandwidth and 4$\times$4 MIMO, of which feasibility is verified, and shows measurement results of the transmission performance. The experimental system consists of (i) FPGA boards that include 800-MHz sampling DAC or ADC, and (ii) CPU boards that perform transmission and reception processings in offline mode. 800-MHz sampling ADC is realized by parallel 400-MHz sampling ADCs using the reverse-phase clock. Since both characteristic deviation of analog circuits in the ADCs and difference in cable length for clock signals degrade error vector magnitude (EVM), this report compensates for them by controlling a delay chip inserted for the clock signals and performing digital calibration. Moreover, in order to evaluate the transmission performance in BB, a fading generator is added to the transmission processing on CPU. MIMO signal detection based on the turbo detection cancels other streams from the received signals by using log-likelihood ratios of bits that the channel decoders provide, and then combines the desired signal components and suppresses the residual cancellation error by using a linear filter. It is shown that mesurement results of the transmission performance by the 5 Gbps BB experimental system in 4$\times$4 MIMO-OFDM with coding rate of 3/4 and 64QAM are almost the same as those by computer simulation.
キーワード (和) 無線通信 / 超高速ビットレート / 実験 / MIMO-OFDM / ターボ検出 / / /  
(英) Wireless communication / super high bit-rate / experiment / MIMO-OFDM / turbo detection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 369, RCS2010-209, pp. 61-66, 2011年1月.
資料番号 RCS2010-209 
発行日 2011-01-13 (SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2010-79 RCS2010-209

研究会情報
研究会 SIP RCS  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 屋久島離島総合開発センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 無線通信のための信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2011-01-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超高速ビットレート移動通信用ベースバンド伝送実験系の構築と特性評価 
サブタイトル(和) 4×4 MIMOによる5 Gbps伝送系 
タイトル(英) Experimental System of Baseband Transmission for Super High Bit-Rate Mobile Communications and Performance Evaluation 
サブタイトル(英) 5 Gbps Transmission System by 4-by-4 MIMO 
キーワード(1)(和/英) 無線通信 / Wireless communication  
キーワード(2)(和/英) 超高速ビットレート / super high bit-rate  
キーワード(3)(和/英) 実験 / experiment  
キーワード(4)(和/英) MIMO-OFDM / MIMO-OFDM  
キーワード(5)(和/英) ターボ検出 / turbo detection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 俊介 / Shunsuke Kato / カトウ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satoshi Suyama / スヤマ サトシ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 博 / Hiroshi Suzuki / スズキ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 府川 和彦 / Kazuhiko Fukawa / フカワ カズヒコ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-20 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SIP2010-79,IEICE-RCS2010-209 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.368(SIP), no.369(RCS) 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2011-01-13,IEICE-RCS-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会