電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-20 11:45
MIMO-OFDM協調伝送における巡回シフト遅延を用いた連接形パケット合成復調方法の検討
鬼沢 武柴山大樹中本博司NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿ではMIMO-OFDM協調伝送において,目的局での受信特性の改善を目的とした連接型パケット合成復調方法を提案する.提案方法はMLDでの信号分離の前にパケット合成を行うpre-MLD合成方法とMLDで信号分離された各データストリームのビット信号に対してパケット合成を行うpost-MLD方法を連接的に用いる.中継局に巡回シフト遅延(CSD)を適用した場合の評価を行った.PER特性では,従来のpost-MLD方法と比較してPER=0.01において約0.5dBの所要Eb/N0の改善が得られる.更に,Decode-and-forward (DF)型中継を用いた場合にpost-MLD方法と比較して,中継局と目的局の受信電力比において約4.1dBの改善が得られることを示す. 
(英) This paper describes a simple cascade packet-combining scheme with maximum likelihood detection (MLD) for packet-based cooperative multiple-input multiple-output with orthogonal frequency division multiplexing (MIMO-OFDM) transmission. The proposed cascade combining scheme sequentially applies the pre-MLD approach, which simply combines the multiplexed sub-stream signals before MLD processing, and the post-MLD combining approach, which combines the bit signals after the sub-streams are separated by MLD processing. In addition, we consider cyclic shift delay (CSD) processing at the relay terminal to improve the performance of the pre-MLD part in the proposed scheme. First, we assess the ideal relay strategy; it is shown that the proposed scheme improves the required Eb/N0 by approximately 0.5 dB over the post-MLD scheme. Second, we employ the decode-and-forward (DF) strategy. It is found that the proposed scheme offers about 4.1dB improvement in the received power ratio of the relay terminal to the destination terminal at PER = 0.01.
キーワード (和) 協調伝送 / 2ホップ / Decode-and-forward / MIMO-OFDM / パケット合成 / MLD / /  
(英) Cooperative transmission / Two-hop / Decode-and-forward / MIMO-OFDM / Packet combining / MLD / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 369, RCS2010-206, pp. 43-48, 2011年1月.
資料番号 RCS2010-206 
発行日 2011-01-13 (SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP RCS  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 屋久島離島総合開発センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 無線通信のための信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2011-01-SIP-RCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) MIMO-OFDM協調伝送における巡回シフト遅延を用いた連接形パケット合成復調方法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A cascade packet-combining scheme employing cyclic shift delay for cooperative MIMO-OFDM transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 協調伝送 / Cooperative transmission  
キーワード(2)(和/英) 2ホップ / Two-hop  
キーワード(3)(和/英) Decode-and-forward / Decode-and-forward  
キーワード(4)(和/英) MIMO-OFDM / MIMO-OFDM  
キーワード(5)(和/英) パケット合成 / Packet combining  
キーワード(6)(和/英) MLD / MLD  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鬼沢 武 / Takeshi Onizawa / オニザワ タケシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話(株) (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴山 大樹 / Hiroki Shibayama / シバヤマ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話(株) (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中本 博司 / Hiroshi Nakamoto / ナカモト ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話(株) (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-20 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SIP2010-76,IEICE-RCS2010-206 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.368(SIP), no.369(RCS) 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2011-01-13,IEICE-RCS-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会