電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-20 15:30
不安定な無線環境におけるコンテキストに応じた移動デジタルサイネージシステム
宮崎圭太能島良和三次 仁中村 修村井 純慶大
抄録 (和) 電車やバス, タクシーといった移動体へのデジタルサイネージを用いた広告配信において,位置情報と時間から特定されるコンテキストに応じてコンテンツを表示することは,閲覧者に密接な情報を提供できるため有用である.しかし従来は,蓄積したコンテンツをコンテキストに応じて表示するだけで,コンテンツ自体を動的に配信することはあまり行われていない.刻々と変化する位置情報に応じてコンテンツを移動体に配信する際に不安定な無線環境が配信の妨げになるためである.本稿では,不安定な無線環境でのコンテキストに応じたコンテンツを配信する移動デジタルサイネージシステムを提案する.提案システムは,通信品質に応じてコンテンツの取得・中断の制御を行うこと,表示部とは非同期に位置情報と時間に応じた取得コンテンツの選択を行うことを特徴とする.開発したシステムは,地域WiMAX 網を用いた大学構内巡回バスで実証を行い,コンテンツ取得の中断制御を行うことで巡回数あたりに取得できるコンテンツ数を最大20 倍程度に増やせること,位置情報と時間に基づくコンテキスト特定方法を用いることでリスト順の取得に比べて取得・表示間の時間差を30\%程度縮めることを示した. 
(英) Recently, digital signage system on public transportation systems are widely adopted. Displaying contents in accordance with the location and the time of the transportation vehicles are effective for fine grained advertisements. But conventional systems usually show only stored contents. Dynamic delivery of contents through a wide-area wireless network is challenging because unstable radio environment results in delayed contents delivery turn round time. In this paper, we propose a context aware mobile digital signage system which features a prescheduled pre-fetch of contents. Proposed system is evaluated in the campus shuttle bus under regional WiMAX network. It is shown that with the prefetch mechanism we can collects 20 times larger number of contents during one shuttle run. The context extraction with the location and the time provides 30\% improvement in timewise.
キーワード (和) 実空間コンテキスト / 移動体通信 / デジタルサイネージ / 非同期 / WiMAX / / /  
(英) Real-Space Context / Mobile Communication / Digital Signage / Asynchronous / WiMAX / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, 2011年1月.
資料番号  
発行日 2011-01-13 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN MoNA USN  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) モバイルユビキタス/センサ技術,アドホックネットワーク,RFID,一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile Ubiquitous, Sensor, Ad hoc networks, RFID, etc. and Technology exhibit, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2011-01-AN-MoMuC-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 不安定な無線環境におけるコンテキストに応じた移動デジタルサイネージシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Context Aware Mobile Digital Signage System in Unstable Radio Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 実空間コンテキスト / Real-Space Context  
キーワード(2)(和/英) 移動体通信 / Mobile Communication  
キーワード(3)(和/英) デジタルサイネージ / Digital Signage  
キーワード(4)(和/英) 非同期 / Asynchronous  
キーワード(5)(和/英) WiMAX / WiMAX  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 圭太 / Keita Miyazaki / ミヤザキ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 能島 良和 / Yoshikazu Nojima / ノジマ ヨシカズ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三次 仁 / Jin Mitsugi / ミツギ ジン
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 修 / Osamu Nakamura / ナカムラ オサム
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村井 純 / Jun Murai / ムライ ジュン
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-20 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2010-68 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.376 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会