お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-20 11:10
ストリーミングサービスのための高機能中継ノードによる透過型キャッシング手法の提案
西村 祥北九州市大)・嶋村昌義九工大)・恵美奈 弘古閑宏幸北九州市大)・池永全志九工大IN2010-123
抄録 (和) インターネットを利用するサービスの需要が増えてきており,その中でもストリーミング方式の普及によってコンテンツ配信サービスが注目を集めている.しかし,人気のあるコンテンツが配信された場合,特定のサーバに対して短時間にリクエストが集中してしまい,多数のユーザへの同時配信によりネットワークへの負荷が高まる.その結果,輻輳やパケットロスが発生することで,コンテンツの再生品質劣化や再生するまでの待ち時間が増加してしまう.本稿では,ネットワーク内に配置された高機能中継ノードにおいて,コンテンツデータを透過的にキャッシュしサーバの代わりに配信を担うことで,ネットワーク内のトラフィック削減を図るキャッシング手法を提案する.さらに,シミュレーションにより提案手法の有効性を示す. 
(英) Streaming media delivery services over the Internet have been rapidly spread. Growth of the traffic will cause serious problems in terms of quality degradation of service in a near future. Therefore, in this paper, we propose a transparent caching scheme on advanced relay nodes for streaming services. The proposed scheme can alleviate traffic congestion on the networks and overload on the streaming servers. Furthermore, we show a potential and effectiveness of the proposed scheme through simulation evaluations.
キーワード (和) コンテンツ配信 / ストリーミングサービス / 高機能中継ノード / 透過型キャッシング / / / /  
(英) Contents delivery / Streaming services / Advanced relay nodes / Transparent caching / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 373, IN2010-123, pp. 31-36, 2011年1月.
資料番号 IN2010-123 
発行日 2011-01-13 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2010-123

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka Univ. 
テーマ(和) 自律分散ネットワーク,P2Pネットワーク,オーバーレイネットワーク,マルチキャスト,セッション管理,インターネットトラヒック,コンテンツ配信,コンテンツ流通,コンテンツセキュリティおよび一般 
テーマ(英) autonomous distributed networks, P2P networks, overlay networks, multicast, session management, internet traffic, contents delivery, contents distribution, contents security, and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2011-01-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ストリーミングサービスのための高機能中継ノードによる透過型キャッシング手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transparent Caching Scheme on Advanced Relay Nodes for Streaming Services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンテンツ配信 / Contents delivery  
キーワード(2)(和/英) ストリーミングサービス / Streaming services  
キーワード(3)(和/英) 高機能中継ノード / Advanced relay nodes  
キーワード(4)(和/英) 透過型キャッシング / Transparent caching  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 祥 / Sho Nishimura / ニシムラ ショウ
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 嶋村 昌義 / Masayoshi Shimamura / シマムラ マサヨシ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 恵美奈 弘 / Hiroshi Emina / エミナ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 古閑 宏幸 / Hiroyuki Koga / コガ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 池永 全志 / Takeshi Ikenaga / イケナガ タケシ
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-20 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2010-123 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.373 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会