お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-20 11:30
[ポスター講演]モルフォロジーフィルタバンクを用いた眼底画像における血管抽出
Altansargai Buyandalai内山良一大分高専)・畑中裕司滋賀県立大)・村松千左子原 武史藤田広志岐阜大MI2010-101
抄録 (和) 眼底画像における血管抽出は,眼底画像のコンピュータ支援診断システムの開発における重要な基礎技術のひとつである.本論文ではモルフォロジーフィルタバンクに基づいた新しい眼底画像の血管抽出法を提案する.モルフォロジーフィルタバンクは,異なる構造要素によるトップハット変換を用いた血管抽出法に対してウェーブレット解析の多重解像度表現のアイデアを取り入れたものである.このフィルタバンクを用いれば,眼底画像における様々な大きさの円形パターンや線状パターンを強調することができる.本手法をSTAREデータベースにおける眼底画像5症例に適用したところ,ROC曲線以下の面積の平均は0.9031であった.本手法は眼底画像における血管抽出に有用であると考えられる. 
(英) Blood vessel extraction is one important component technology of computer-aided diagnosis for retinal fundus images. This paper proposes a novel method based on morphology filter bank for the extraction of vessel regions in retinal fundus images. Morphology filter bank is a vessel extraction method using the top-hat transformation, which can make the multi-resolution representation such as wavelet analysis. Nodular patterns and linear patterns of various sizes can be enhanced using this method. We applied our method to five images of STARE database. The results indicated that mean area under the ROC curve was 0.9031. Therefore, our method would be useful for the extraction of blood vessels in retinal fundus images.
キーワード (和) 眼底画像 / 血管抽出 / フィルタバンク / モルフォロジー / コンピュータ支援診断 / / /  
(英) Retinal fundus image / Vessel Extraction / Filter bank / Mathematical Morphology / Computer-aided diagnosis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 364, MI2010-101, pp. 105-108, 2011年1月.
資料番号 MI2010-101 
発行日 2011-01-12 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2010-101

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2011-01-19 - 2011-01-20 
開催地(和) 那覇市ぶんかテンブス館 
開催地(英) Naha-Bunka-Tembusu 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) General Medical Imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2011-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モルフォロジーフィルタバンクを用いた眼底画像における血管抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Extraction of Blood Vessels in Retinal Fundus Images using Morphology Filter Bank 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 眼底画像 / Retinal fundus image  
キーワード(2)(和/英) 血管抽出 / Vessel Extraction  
キーワード(3)(和/英) フィルタバンク / Filter bank  
キーワード(4)(和/英) モルフォロジー / Mathematical Morphology  
キーワード(5)(和/英) コンピュータ支援診断 / Computer-aided diagnosis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Altansargai Buyandalai / Altansargai Buyandalai / ブヤンダライ アルタンサルガイ
第1著者 所属(和/英) 大分工業高等専門学校 (略称: 大分高専)
Oita National College of Technology (略称: Oita NCT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内山 良一 / Yoshikazu Uchiyama / ウチヤマ ヨシカズ
第2著者 所属(和/英) 大分工業高等専門学校 (略称: 大分高専)
Oita National College of Technology (略称: Oita NCT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 畑中 裕司 / Yuji Hatanaka / ハタナカ ユウジ
第3著者 所属(和/英) 滋賀県立大学 (略称: 滋賀県立大)
The University of Shiga Prefecture (略称: Univ. of Shiga Pre.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 千左子 / Chisako Muramatsu / ムラマツ チサコ
第4著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 武史 / Takeshi Hara / ハラ タケシ
第5著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 広志 / Hiroshi Fujita / フジタ ヒロシ
第6著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-20 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2010-101 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.364 
ページ範囲 pp.105-108 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MI-2011-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会