お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-20 11:30
[ポスター講演]トモグラフィー電子顕微鏡画像からの自動輪郭抽出
森下尚浩劉 春蜀国際バイオインフォマティクス研)・鎌倉快之メディ ヌリ シラジ阪工大MI2010-112
抄録 (和) トモグラフィー電子顕微鏡像から観察対象の情報を抽出して3次元立体像を生成する手法に,観察対象の一定間隔の断層像を取得し,各断層像において輪郭情報を取得したのち,輪郭を積層して立体形状を再構成するというものがある.この手法で用いられる断層像の輪郭抽出を行う過程には実用的な手法が存在しない.このことから,従来法の問題点に対応したR-Centipedeモデルを利用した,高速な自動輪郭抽出から3次元立体像の再構築までを統合して行うシステムの開発を試みており,これを提案する.実際のトモグラフィー電子顕微鏡画を用いた検証により,手作業や従来法よりも高速かつ正確に輪郭抽出が可能であることが示された. 
(英) Extracting structures of interest with accuracy and fast from Electron Microscope tomography images for 3D visualization is a challenging contour-extraction problem. In this poster presentation, we introduce a 3D visualization system which is based on a class of region-based deformable contour models called Restructuring Centipedes (R-Centipedes). R-centipedes have shown several desirable features, including geometrical flexibility, high computational speed, accuracy and insensitivity with respect to the initial contour positioning which make the whole system a useful tool in complex applications where demand is high for objects extraction and 3D visualization with non or minimal user interaction.
キーワード (和) 変形可能輪郭モデル / 動的輪郭モデル(ACM) / Snake / 輪郭抽出 / トモグラフィー電子顕微鏡像 / / /  
(英) Deformable Contour Model / Active Contour Model(ACM) / Snake / Contour Extraction / Electron Microscope Tomography Image / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 364, MI2010-112, pp. 161-165, 2011年1月.
資料番号 MI2010-112 
発行日 2011-01-12 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2010-112

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2011-01-19 - 2011-01-20 
開催地(和) 那覇市ぶんかテンブス館 
開催地(英) Naha-Bunka-Tembusu 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) General Medical Imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2011-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トモグラフィー電子顕微鏡画像からの自動輪郭抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Extraction of Structures in Electron Microscope Tomography Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 変形可能輪郭モデル / Deformable Contour Model  
キーワード(2)(和/英) 動的輪郭モデル(ACM) / Active Contour Model(ACM)  
キーワード(3)(和/英) Snake / Snake  
キーワード(4)(和/英) 輪郭抽出 / Contour Extraction  
キーワード(5)(和/英) トモグラフィー電子顕微鏡像 / Electron Microscope Tomography Image  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森下 尚浩 / Takahiro Morishita / モリシタ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) (株)国際バイオインフォマティクス研究所 (略称: 国際バイオインフォマティクス研)
Bioinformatics Institute for Global Good Inc. (略称: BiGG)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 劉 春蜀 / Ryu Shunshoku / リュウ シュンショク
第2著者 所属(和/英) (株)国際バイオインフォマティクス研究所 (略称: 国際バイオインフォマティクス研)
Bioinformatics Institute for Global Good Inc. (略称: BiGG)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌倉 快之 / Yoshiyuki Kamakura / カマクラ ヨシユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) メディ ヌリ シラジ / Mehdi N. Shirazi / メディ ヌリ シラジ
第4著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-20 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2010-112 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.364 
ページ範囲 pp.161-165 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MI-2011-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会