お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-20 11:30
全乳房超音波画像における3次元的情報に基づいた腫瘤像の自動検出法の開発
石原福太郎福岡大輔村松千左子原 武史岐阜大)・高田悦雄獨協医科大)・遠藤登喜子名古屋医療センター)・森田孝子中日病院)・藤田広志岐阜大MI2010-97
抄録 (和) 集団検診では受診者の数が多く大量の画像データが撮影されるため,医師の読影負担が大きくなり病変の見落としの可能性が高くなることが予想される.本研究では,全乳房超音波画像を対象に,医師の読影負担の軽減を目的とした腫瘤像の自動検出法を提案する.まず,処理対象となる乳房領域を抽出した.次に,腫瘤像は周辺の乳腺組織よりも低濃度に描画される傾向があることから,注目画素と周辺画素における相対的な濃淡差を算出し,候補領域を決定した.最後に,候補領域から特徴量を抽出し,偽陽性を削除することで腫瘤像を検出した.本手法を53乳房59個の腫瘤で評価した結果,78.0%(46/59)の腫瘤の検出に成功した. 
(英) In breast cancer screening, a large amount of data is acquired from many patients. Therefore radiologists may overlook lesions under the reading overload. This paper proposes an automated mass detection technique to reduce the reading overload in whole-breast ultrasound images. First, we extract breast regions. Second, because masses tend to have lower density than mammary glands, we calculate pixel values relative to the neighboring pixels, and extract candidate mass regions. Finally, we extract features from candidate mass regions and remove false positives. The proposed method was applied to 59 clinical cases, and achieved 78.0% of sensitivity.
キーワード (和) 全乳房超音波画像 / 腫瘤検出 / コンピュータ支援診断 / / / / /  
(英) whole-breast ultrasound Images / Mass detection / Computer-aided diagnosis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 364, MI2010-97, pp. 87-91, 2011年1月.
資料番号 MI2010-97 
発行日 2011-01-12 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2010-97

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2011-01-19 - 2011-01-20 
開催地(和) 那覇市ぶんかテンブス館 
開催地(英) Naha-Bunka-Tembusu 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) General Medical Imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2011-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 全乳房超音波画像における3次元的情報に基づいた腫瘤像の自動検出法の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of an automated mass detection technique based on 3D features in whole-breast ultrasound images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 全乳房超音波画像 / whole-breast ultrasound Images  
キーワード(2)(和/英) 腫瘤検出 / Mass detection  
キーワード(3)(和/英) コンピュータ支援診断 / Computer-aided diagnosis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 福太郎 / Fukutaro Ishihara / イシハラ フクタロウ
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福岡 大輔 / Daisuke Fukuoka / フクオカ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 千左子 / Chisako Muramatsu / ムラマツ チサコ
第3著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 武史 / Takeshi Hara / ハラ タケシ
第4著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 悦雄 / Etsuo Takada / タカダ エツオ
第5著者 所属(和/英) 独協医科大学 (略称: 獨協医科大)
Dokkyo Medical University (略称: Dokkyo Medical Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 登喜子 / Tokiko Endo / エンドウ トキコ
第6著者 所属(和/英) 名古屋医療センター (略称: 名古屋医療センター)
Nagoya Medical Center (略称: Nagoya Medical Center)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 孝子 / Takako Morita / モリタ タカコ
第7著者 所属(和/英) 中日病院 (略称: 中日病院)
Chunichi Hospital (略称: Chunichi Hospital)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 広志 / Hiroshi Fujita /
第8著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-20 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2010-97 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.364 
ページ範囲 pp.87-91 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MI-2011-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会