電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-18 16:00
レート可変なパンクチャドLDPC符号に対する階層的BP復号法の改良
細谷 剛早大)・八木秀樹電通大)・小林 学湘南工科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿ではレート可変なパンクチャド LDPC (RCP-LDPC) 符号に対する新しい階層的 BP (LBP) 復号法を提案する. 提案する復号法は,著者らによって考案したパンクチャドビットを復元する改良手法と LBP 復号法を組み合わせたものであり,BP 復号法や LBP 復号法より多くのパンクチャドビットを訂正することが可能である.また復号終了に至る繰り返し回数を1回に低減できるため,少ない繰り返し回数で高い性能を得られることを示す. 
(英) We propose a new layered belief-propagation (LBP) decoding algorithm which enhances both the convergence speed and recovering process of the decoding for the rate-compatible punctured low-density parity-check (RCP-LDPC) codes. The algorithm combines the conventional LBP decoding with the improved recovering algorithm proposed by the authors. While the conventional recovering algorithm needs much iterations to reveal all the punctured bits, the proposed decoding algorithm can recover these bits within one iteration.
We show that the proposed decoding algorithm outperforms the conventional decoding algorithm in high coding rate in a few number of iterations.
キーワード (和) LDPC符号 / レート可変なパンクチャドLDPC符号 / 階層的BP復号法 / パンクチャ / / / /  
(英) LDPC code / RCP-LDPC code / Layered BP decoding / puncturing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 363, IT2010-66, pp. 73-78, 2011年1月.
資料番号 IT2010-66 
発行日 2011-01-11 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2011-01-18 - 2011-01-18 
開催地(和) 国際奈良学セミナーハウス 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2011-01-IT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) レート可変なパンクチャドLDPC符号に対する階層的BP復号法の改良 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Improvement of Layered BP Decoding Algorithm for Rate-Compatible Punctured LDPC Codes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LDPC符号 / LDPC code  
キーワード(2)(和/英) レート可変なパンクチャドLDPC符号 / RCP-LDPC code  
キーワード(3)(和/英) 階層的BP復号法 / Layered BP decoding  
キーワード(4)(和/英) パンクチャ / puncturing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 細谷 剛 / Gou Hosoya / ホソヤ ゴウ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 秀樹 / Hideki Yagi / ヤギ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electo-Communications (略称: Univ. of Electo-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 学 / Manabu Kobayashi / コバヤシ マナブ
第3著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: Shonan Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-18 16:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2010-66 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.363 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2011-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会