お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-18 15:30
FPGAを用いたデータストリームに対するウィンドウジョインの検討
寺田祐太三好健文電通大)・川島英之筑波大)・吉永 努電通大VLD2010-111 CPSY2010-66 RECONF2010-80
抄録 (和) データストリーム処理の演算の一つであるウィンドウジョインをFPGA を用いて高速化する手法を検討する.データストリーム処理では,データを取り零すことなく処理する必要があり,計算機への演算負荷は大きい.FPGA による専用ハードウェア化は,高い演算能力を提供する手段として有力な選択肢である.FPGA で高速化を達成するためには並列性の活用が重要であるが,ウィンドウジョインは本来逐次的な処理である.そこで,FPGA 上で高速に処理するために並列化手法の初期検討を行う.また,さらなる高速化についての課題を議論する. 
(英) An implementation technique of window join operator by using FPGA is studied in order to improve the performance. Window join operator is a kind of data stream operator. Computation power of data stream operations should be large enough to avoid processing losses. A specific hardware by using FPGA enables data stream operations to achieve higher performance. It is important for an efficient implementation by using FPGA to exploit internal parallelism of a target computation, however window join operator is almost sequential computation. In this paper, primary studied to exploit parallelism in window join operator is shown. Moreover, it is discussed issues how to achieve higher performance.
キーワード (和) FPGA / データストリーム処理 / ウィンドウジョイン / アクセラレータ / / / /  
(英) FPGA / data stream processing / window join operator / accelerator / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 362, RECONF2010-80, pp. 181-186, 2011年1月.
資料番号 RECONF2010-80 
発行日 2011-01-10 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2010-111 CPSY2010-66 RECONF2010-80

研究会情報
研究会 RECONF VLD CPSY IPSJ-SLDM  
開催期間 2011-01-17 - 2011-01-18 
開催地(和) 慶應義塾大学日吉キャンパス 
開催地(英) Keio Univ (Hiyoshi Campus) 
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2011-01-RECONF-VLD-CPSY-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FPGAを用いたデータストリームに対するウィンドウジョインの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Consideration of Window Join Operator over Data Streams by using FPGA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(2)(和/英) データストリーム処理 / data stream processing  
キーワード(3)(和/英) ウィンドウジョイン / window join operator  
キーワード(4)(和/英) アクセラレータ / accelerator  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺田 祐太 / Yuta Terada / テラダ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 健文 / Takefumi Miyoshi / ミヨシ タケフミ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川島 英之 / Hideyuki Kawashima / カワシマ ヒデユキ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉永 努 / Tsutomu Yoshinaga / ヨシナガ ツトム
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-18 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-VLD2010-111,IEICE-CPSY2010-66,IEICE-RECONF2010-80 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.360(VLD), no.361(CPSY), no.362(RECONF) 
ページ範囲 pp.181-186 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2011-01-10,IEICE-CPSY-2011-01-10,IEICE-RECONF-2011-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会