電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-18 14:50
超低電力アクセラレータSLD(Silent Large Datapath) の提案
安田好宏小崎信明木村優之齊藤貴樹池淵大輔天野英晴慶大)・中村 宏東大)・宇佐美公良芝浦工大)・並木美太郎東京農工大)・近藤正章電通大VLD2010-109 CPSY2010-64 RECONF2010-78
抄録 (和) Silent Large Datapath (SLD) は組み込み機器向けの低消費電力アクセラレータである.動的リコンフギャ
ラブルプロセッサMuCCRA-3 の電力評価をもとに,コンテキストの切り替えとクロックツリーが消費する電力を削
減することで,低消費電力化を目指す.SLD はPE (Processing Element) アレイが完全な組み合わせ回路で構成され
る.この結果クロックツリーとPE アレイ内のレジスタによる消費電力を削減される.演算データの制御はアレイの
外部にあるマイクロコントローラによって行われ,PE アレイとメモリの間で柔軟なデータの受け渡しが可能である.
また,PE アレイの電源を他と分離して制御することで,要求される性能に合わせて高いエネルギー効率で動作する.
パイプライン型アクセラレータとエネルギー効率を比較した結果,SLD は定格電圧でパイプライン型アクセラレータ
の29%エネルギー効率で動作する可能性のあることが判明した.またDVFS を適用し,遅延をパイプライン型アクセ
ラレータと等しくしたとき,供給電圧1.0V で49%のエネルギー効率を達成する見込みが得られた. 
(英) Silent Large Datapath (SLD) is a low power reconfigurable accelerator for high performance embedded
systems. By using a large PE (Processing Element) array consisting of pure combinatorial circuits, the overhead
for clock distribution and storing/reading intermediate results to/from registers can be omitted. A small microcontroller
manages distribution and collection of data between PE array and data memory module for flexible data
allocation to the fixed datapath on the PE array. Dynamic voltage scaling is applied for the whole PE array and
the energy of the PE array can be saved by using the slack time of the datapath. Compared with corresponding
pipelined accelerator, SLD can achieve 29% improvement of energy efficiency.
キーワード (和) リコンフィギャラブルプロセッサ / 低消費電力 / / / / / /  
(英) Reconfigurable Processor Array / Low Power / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 362, RECONF2010-78, pp. 169-174, 2011年1月.
資料番号 RECONF2010-78 
発行日 2011-01-10 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2010-109 CPSY2010-64 RECONF2010-78

研究会情報
研究会 RECONF VLD CPSY IPSJ-SLDM  
開催期間 2011-01-17 - 2011-01-18 
開催地(和) 慶應義塾大学日吉キャンパス 
開催地(英) Keio Univ (Hiyoshi Campus) 
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2011-01-RECONF-VLD-CPSY-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超低電力アクセラレータSLD(Silent Large Datapath) の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Silent Large Datapath : A Ultra Low Power Accelarater 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リコンフィギャラブルプロセッサ / Reconfigurable Processor Array  
キーワード(2)(和/英) 低消費電力 / Low Power  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 好宏 / Yoshihiro Yasuda / ヤスダ ヨシヒロ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小崎 信明 / Nobuaki Ozaki / オザキ ノブアキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 優之 / Masayuki Kimura / キムラ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 貴樹 / Yoshiki Saito / サイトウ ヨシキ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 池淵 大輔 / Daisuke Ikebuchi / イケブチ ダイスケ
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 天野 英晴 / Hideharu Amano / アマノ ヒデハル
第6著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 宏 / Hiroshi Nakamura / ナカムラ ヒロシ
第7著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇佐美 公良 / Kimiyoshi Usami / ウサミ キミヨシ
第8著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of technology (略称: Shibaura Inst. Tech.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 並木 美太郎 / Mitaro Namiki / ナミキ ミタロウ
第9著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agriculture and Tech.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 正章 / Masaaki Kondo / コンドウ マサアキ
第10著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Communications)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-18 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-VLD2010-109,IEICE-CPSY2010-64,IEICE-RECONF2010-78 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.360(VLD), no.361(CPSY), no.362(RECONF) 
ページ範囲 pp.169-174 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2011-01-10,IEICE-CPSY-2011-01-10,IEICE-RECONF-2011-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会