電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-17 15:25
プラグイン方式に基づくBinutilsおよびGDBの自動リターゲッティング
多賀惣一朗関西学院大)・久村孝寛NEC/阪大)・石浦菜岐佐関西学院大)・武内良典今井正治阪大VLD2010-95 CPSY2010-50 RECONF2010-64
抄録 (和) 本稿では「プラグイン方式」に基づくソフトウェア開発ツールの自動リターゲッティング手法を提案する.プラグイン方式は,命令セットの拡張部分に対する処理機能を持ったプラグインをツールチェーンに組み込むことにより,コンフィギュラブルプロセッサ用ソフトウェア開発ツールの命令セット拡張を実現する手法である.本手法では,命令やレジスタを一つも持たないプロセッサのツールチェーン(フレームワーク)を用意し,ここにターゲットプロセッサの全命令と全レジスタをプラグイン方式により追加することにより,コンフィギュラブルプロセッサに限定されないソフトウェア開発ツールの自動リターゲッティングを行う.本手法はXMLによる簡潔な命令セットアーキテクチャの記述から, GNU BinutilsおよびGDBの生成が可能である.本手法を実装し, 16ビットプロセッサMeDIX-Iを対象に適用実験を行った結果,1475行のアーキテクチャ記述からGNU BinutilsおよびGDBを生成し,アセンブラ,逆アセンブラ,リンカ,シミュレータ,デバッガの機能を確認することができた. 
(英) This paper proposes a method of automatic retargeting of software development tools based on a plug-in method. The plug-in method is originally designed to augment a base processor's toolchain by adding plug-in's, which are software components that handle extra instructions and registers. Our method attempts to retarget a toolchain to an arbitrary processor based on the plug-in method, by embedding functions to deal with all its instructions and registers into a framework, which is a toolchain for a processor with no instructions nor registers. GNU Binutils and GDB are autogenerated from a simple XML specification of the target instruction set architecture. An experimental tool based on this method successfully generated, from
1475 lines of architecture description of a 16bit processor MeDIX-I, Binutils and GDB which are capable of assembling, disassembling, linking, simulating, and debugging.
キーワード (和) ソフトウェア開発ツール / リターゲッティング / Binutils / GDB / プラグイン方式 / / /  
(英) software development tool / retargeting / Binutils / GDB / plug-in method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 360, VLD2010-95, pp. 69-74, 2011年1月.
資料番号 VLD2010-95 
発行日 2011-01-10 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2010-95 CPSY2010-50 RECONF2010-64

研究会情報
研究会 RECONF VLD CPSY IPSJ-SLDM  
開催期間 2011-01-17 - 2011-01-18 
開催地(和) 慶應義塾大学日吉キャンパス 
開催地(英) Keio Univ (Hiyoshi Campus) 
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2011-01-RECONF-VLD-CPSY-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プラグイン方式に基づくBinutilsおよびGDBの自動リターゲッティング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Retargeting of Binutils and GDB Based on Plug-in Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェア開発ツール / software development tool  
キーワード(2)(和/英) リターゲッティング / retargeting  
キーワード(3)(和/英) Binutils / Binutils  
キーワード(4)(和/英) GDB / GDB  
キーワード(5)(和/英) プラグイン方式 / plug-in method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 多賀 惣一朗 / Soichiro Taga / タガ ソウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久村 孝寛 / Takahiro Kumura / クムラ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社/大阪大学 (略称: NEC/阪大)
NEC Corporation/Osaka University (略称: NEC/Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石浦 菜岐佐 / Nagisa Ishiura / イシウラ ナギサ
第3著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 武内 良典 / Yoshinori Takeuchi / タケウチ ヨシノリ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 正治 / Masaharu Imai / イマイ マサハル
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-17 15:25:00 
発表時間 20 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2010-95,IEICE-CPSY2010-50,IEICE-RECONF2010-64 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.360(VLD), no.361(CPSY), no.362(RECONF) 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2011-01-10,IEICE-CPSY-2011-01-10,IEICE-RECONF-2011-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会