お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-20 16:30
雑音のバイアス-残差成分の分解と各成分の最適化に基づく雑音抑圧の検討
藤本雅清渡部晋治中谷智広NTTNLC2010-18 SP2010-91
抄録 (和) 本研究では,雑音のバイアス--残差成分の分解に基づく非定常雑音の推定法を提案し,推定された雑音を用いて雑音抑圧を行うことにより雑音環境下での音声認識性能が改善することを示す.非定常雑音を時間不変のバイアス成分と時間変動を伴う残差成分に分解することにより,各々の役割が明確になり,各成分に対して適切なパラメータ推定法を適用することができる.本研究ではバイアス成分を観測信号の時系列とEMアルゴリズムにより推定し,残差成分をAuto-regressive(AR)過程に基づく並列非線形カルマンフィルタにより推定する.また,AR過程の初期パラメータにより雑音抑圧性能,及び音声認識性能が変化するため,複数の音声認識の中間表現Confusion networkを統合して単語誤りを最小化する,Minimum-time frame word errorによる評価についても述べる. 
(英) In this paper, we propose a non-stationary noise estimation method based on bias-residual component decomposition, and show that the proposed method improved speech recognition accuracy compared with the noise estimation methods without component decomposition. The proposed decomposition method clarifies the role of each component, thus enabling us to apply a suitable parameter estimation technique to each component. In this paper, the bias component is estimated by the EM algorithm with the entire observed signal sequence. On the other hand, the residual component is sequentially estimated by multiplying the extended Kalman filter with the auto-regressive process. In addition, the proposed noise estimation. As further improvement, we also evaluate the speech recognition by using a minimum-time frame word error. It minimizes word error rate by combining various hypotheses given by multiple parameter settings of the proposed noise estimation.
キーワード (和) 音声認識 / 雑音抑圧 / 非定常雑音 / 成分分解 / / / /  
(英) speech recognition / noise suppression, / non-stationary noise / component decomposition / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 357, SP2010-91, pp. 43-48, 2010年12月.
資料番号 SP2010-91 
発行日 2010-12-13 (NLC, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLC2010-18 SP2010-91

研究会情報
研究会 NLC SP  
開催期間 2010-12-20 - 2010-12-21 
開催地(和) 国立オリンピック記念青少年総合センター 
開催地(英) National Olympics Memorial Youth Center 
テーマ(和) 第12回音声言語シンポジウム: 情報アクセス,音声・言語処理一般 (SLP研と連立開催) 
テーマ(英) Information Access, Speech and Language Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2010-12-NLC-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 雑音のバイアス-残差成分の分解と各成分の最適化に基づく雑音抑圧の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Noise suppression method based on noise bias-residual decomposition and optimization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声認識 / speech recognition  
キーワード(2)(和/英) 雑音抑圧 / noise suppression,  
キーワード(3)(和/英) 非定常雑音 / non-stationary noise  
キーワード(4)(和/英) 成分分解 / component decomposition  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 雅清 / Masakiyo Fujimoto / フジモト マサキヨ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話(株) NTTコミュニケーション科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡部 晋治 / Shinji Watanabe / ワタナベ シンジ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話(株) NTTコミュニケーション科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中谷 智広 / Tomohiro Nakatani / ナカタニ トモヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話(株) NTTコミュニケーション科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-20 16:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-NLC2010-18,IEICE-SP2010-91 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.356(NLC), no.357(SP) 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLC-2010-12-13,IEICE-SP-2010-12-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会