電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-19 11:20
多層パーセプトロンの特異領域を利用した探索法
佐藤聖也大脇高之中野良平中部大MBE2010-70 NC2010-81
抄録 (和) 多層パーセプトロンの探索空間には, 隠れユニット数が一つ少ないモデルの最適解と等価な出力を出すパラメータ領域が特異領域を形成し, 学習(探索)の停滞を招くため, 回避や脱出を可能とする方法が模索されてきた. 本稿では, その特異領域を避けるのではなく, 逆に積極的に利用して, 多層パーセプトロンの探索空間に多数存在する局所解の中から, 与えられた隠れユニット数にふさわしい良質の解を得る探索法を提案し, シグモイド型, 指数型の両モデルにおいて, 人工データ, 実データを用いて提案法の有効性を調べる. 
(英) In a search space of MLP(J), multi-layer perceptron having J hidden units, there exists a singular region created by the projection of the optimal solution of MLP(J-1). Since such a singular region causes serious slowdown for learning methods, a method for avoiding the region has been aspired. However, such avoiding does not guarantee the quality of the final solution. This paper proposes an MLP learning method which does not avoid but makes good use of singular regions to find a solution good enough for MLP(J). The potential of the method is shown by our experiments using artificial data, XOR problem, and a real data set.
キーワード (和) 多層パーセプトロン / 特異領域 / 探索法 / 多項式ネット / XOR問題 / / /  
(英) multi-layer perceptron / singular region / search method / polynomial network / XOR problem / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 355, NC2010-81, pp. 85-90, 2010年12月.
資料番号 NC2010-81 
発行日 2010-12-12 (MBE, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2010-70 NC2010-81

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2010-12-19 - 2010-12-19 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2010-12-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多層パーセプトロンの特異領域を利用した探索法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Search Method Utilizing Singular Region of Multilayer Perceptron 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多層パーセプトロン / multi-layer perceptron  
キーワード(2)(和/英) 特異領域 / singular region  
キーワード(3)(和/英) 探索法 / search method  
キーワード(4)(和/英) 多項式ネット / polynomial network  
キーワード(5)(和/英) XOR問題 / XOR problem  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 聖也 / Seiya Satoh / サトウ セイヤ
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大脇 高之 / Takayuki Ohwaki / オオワキ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 良平 / Ryohei Nakano / ナカノ リョウヘイ
第3著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-19 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-MBE2010-70,IEICE-NC2010-81 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.354(MBE), no.355(NC) 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2010-12-12,IEICE-NC-2010-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会